アストンマーティンがついにF1に復活。伝統のグリーンをまとった2021年型新マシン『AMR21』を発表

 3月3日(日本時間4日)、アストンマーティン・コグニザントF1チームは、2021年シーズンに向け新マシン『AMR21』を発表した。アストンマーティンが最後にF1に参戦したのは1960年のことであり、61年ぶりにアストンマーティンの名前がF1に復活する。

 2020年までレーシングポイントの名前でF1を戦ってきた同チームは、昨年1月にチームオーナーのローレンス・ストロール率いる投資家グループがアストンマーティンの株式を取得したことにより、2021年よりアストンマーティンとして参戦することが決まった。

 その2020年、レーシングポイントは開幕前から話題を集めた。というのも2020年型マシン『RP20』がメルセデスF1の2019年型マシンに酷似しており、“ピンクメルセデス”と揶揄され他チームからの抗議を受けたのだ。調査の結果、RP20のブレーキダクトの設計方法が違法であるという判決が下され、コンストラクターズポイントを15ポイント剥奪、約5000万円の罰金を科された。

 だがレーシングポイントはシーズンを通して速さを発揮し、セルジオ・ペレスとランス・ストロールは安定して入賞を続ける。難コンディションのなかで行われた第14戦トルコGPの予選ではストロールがキャリア初のポールポジションを獲得し、第16戦サクヒールGPではレース序盤に最後尾まで順位を落としたペレスが大逆転でF1初優勝。さらにストロールが3位に入賞したことで、初のダブル表彰台を獲得し、最終的にはコンストラクターズ選手権4位という成績を残した。

 そして迎えた2021年、チームにはストロールが残留するが、ペレスに代わって新たに4度のF1チャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを迎え入れた。実力のあるドライバーふたりを起用するアストンマーティンは、昨年逃した中団トップの座を掴み、さらにはトップチームに挑みたいところだ。

 なおAMR21のシェイクダウンは、3月4日(木)にイギリスのシルバーストンで行われる予定となっている。

アストンマーティンF1の2021年型マシン『AMR21』
アストンマーティンF1の2021年型マシン『AMR21』