2019年F2チャンピオンのデ・フリース、メルセデスF1のリザーブドライバーに就任

 メルセデスF1チームは、メルセデスのフォーミュラEドライバーであり、2019年FIA-F2チャンピオンのニック・デ・フリースを、2021年F1リザーブドライバーに起用することを発表した。

 3月2日、2021年型マシン『F1 W12 Eパフォーマンス』の発表会が行われ、その際にチームはリザーブドライバーのラインアップも公表した。メルセデスEQフォーミュラEチームのレースドライバー、ストフェル・バンドーンが引き続きF1チームのリザーブドライバーを務め、フォーミュラEチームの僚友であるデ・フリースも同様の役割を果たすことが決まった。

 一時マクラーレン若手プログラムのメンバーだったこともあるデ・フリースは、2019年にFIA-F2でタイトルを獲得したものの、F1シートをつかむことができなかった。デ・フリースは、2020年アブダビ若手F1テストにメルセデスF1チームから参加、W11で自身初のF1テストの機会を得ている。

2020年F1アブダビテストに参加したニック・デ・フリース(メルセデス)
2020年F1アブダビテストに参加したニック・デ・フリース(メルセデス)