フォルクスワーゲン最小SUV『T-Cross』の本格発売開始。2グレード構成で278万円から

 2020年1月末に登場し、日本市場では導入記念特別仕様車として販売されてきたフォルクスワーゲン・ブランドの最小SUV『T-Cross(ティークロス)』が、いよいよカタログモデルに昇格。“TSI Active”と“TSI Style”の2グレード構成で、3月2日(火)より発売開始となっている。

 全長4115mm、全幅1760mmと日本の道路環境にマッチしたボディサイズによる取り回しの良さや、ラゲージルームの広さなどの実用性の高さなどが評価されている『T-Cross』は、上陸後の約1年間で8930台と輸入車SUVとしてトップの販売台数を記録した。

 その『T-Cross』がいよいよカタログモデルとして本格導入され、従来のラインアップとは異なるグレード名称を採用。TSI ActiveとTSI Styleの2グレードともに1.0リッター3気筒直噴ターボのTSIエンジン(116PS/200Nm)に7速DSGを組み合わせ、軽快かつ俊敏な走りを実現した。

 SUVならではの使い易さと同様に安全性と快適性の面でも、VWの主力車種『ゴルフ』と同じくグループの基軸プラットフォーム“MQB”の採用により、それら上級モデルに採用される運転支援システムや快適装備を多く採用することが可能となった。

全長4115mm、全幅1760mmと、日本の道路環境にマッチしたボディサイズによる取り回しの良さや、ラゲージルームの広さなどの実用性の高さが特徴
16インチタイヤ装着の“TSI Active”(写真)と、17インチを履く“TSI Style”の2グレード構成に
歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付のプリクラッシュブレーキシステム”Front Assist”など、主要な安全装備は全車標準に

■ブラック、オレンジ、グリーンの3色から選択可能なデザインパッケージも用意

 また、デジタルメータークラスターの“Digital Cockpit Pro”や、スマートフォン・ワイヤレスチャージングがセットとなったテクノロジーパッケージ、レーンキープアシストシステムの“Lane Assist”や駐車支援システム“Park Assist”などの運転支援システムがセットとなったセーフティーパッケージに、純正インフォテイメントシステム“Discover Media”など多彩なオプション体系を設定したことで、より細かなニーズに応えるラインアップとなっている。

 さらに上位グレードのTSI Styleには、ブラック、オレンジ、グリーンの3色から選択可能なデザインパッケージも用意され、エクステリアカラーごとにダッシュパッド、ドアミラー、アルミホイール、シートファブリックなどにコーディネート可能なアクセントカラーを選択することも可能に。

 16インチタイヤ装着のTSI Activeと、17インチを履くTSI StyleともにWLTCモード燃費は16.9km/Lと変わりなく、価格は前者が278万円(税込)、後者が303万円(税込)となっている。

純正インフォテイメントシステム“Discover Media”など多彩なオプション体系を設定
TSI Styleには、ブラック、オレンジ、グリーンの3 色から選択可能なデザインパッケージも用意される
WLTCモード燃費は16.9km/リッターで、価格は278万~303万円(税込)となっている

フォルクスワーゲン カスタマーセンター:0120-993-199
フォルクスワーゲンT-Cross車両情報:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/t-cross.html