SUVとミニバンのクロスオーバー「プジョー・リフター」に追加されたGTグレードは何が違う?

■マルチパノラミックルーフが標準装備。インテリアはブラウン2トーンとなる

RIFTER GT
RIFTER GTは車体各部のエンブレムをGTに変更。マルチパノラミックルーフを標準装備する。メーカー希望小売価格は361万円

2020年11月にカタログモデルの販売が始まったばかりのプジョー・リフターに、早くも上級グレード「GT」が追加設定されました。

プジョー・リフターといえば、メカニズム的には同じグループのシトロエン・ベルランゴと姉妹車といえる2列シートのスライドドアモデル。

ただしベルランゴに対してSUV色を強めたエクステリアとしているのが違い。ルックスだけでなく、最低地上高を180mm(ベルランゴ+20mm)に高めるなど、走りの面でもSUV的に仕上げているのが特徴です。

RIFTER Allure
RIFTER Allure(アリュール)のメーカー希望小売価格は339万円

そんなリフターに追加された「GT」グレードの特徴的な装備が、ベルランゴでもお馴染みの「マルチパノラミックルーフ」。

屋根一面がグラスルーフになっているといっても過言ではない開放感が得られる、アウトドアを楽しむにはピッタリのアイテムが与えられました。

中央部分にはバッグインルーフと呼ばれる棚が用意され、前後席から使いやすいユーティリティとしても機能するのは、いかにもフランスの合理的な思想を感じさせるのも、この新グレードを選ぶ理由となるでしょう。

そのほか、機能面ではアドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付)も備わり、悪路での走破性を高めているのはGTという名前にふさわしい装備といえます。

RIFTER GT
リフターのボディサイズは全長4405mm・全幅1850mm・全高1880m。最低地上高は180mmとなっている

1.5Lディーゼルと8速ATからなるパワートレインは、従来からラインナップされているAllure(アリュール)グレード同様ですが、タイヤをアリュールの215/65R16から215/60R17サイズとインチアップすることで、よりシャープなハンドリングが期待できるのは、GTという響きに期待するユーザーに応える部分といえるでしょう。

アピアランスを見ていくと、アリュールはフロントグリルフレームやルーフレールがシルバー仕様になっていますが、GTはいずれもブラック仕立てとなり、ボディを引き締めているのが違い。サイドプロテクターもシャイニーブラックデコ付となり、上級グレードであることを示しているのも差別化ポイント。

RIFTER Allure
エンジンは1.5 ℓ直列4気筒ターボディーゼル最高出力96kW/3,750rpm(130ps)最大トルク
300Nm/1,750rpm

インテリアでは、アリュールがブルー2トーン仕上げとしているのに対して、GTはブラウン2トーンとして落ち着いた雰囲気。革巻きステアリングもGT仕様となっています。

なお、インパネ中央に見える8インチのタッチスクリーンは全グレードに標準装備されるもので、Apple CarPlayやandroid Autoに適応するインフォテイメントシステムとなっています。

安全面・運転支援システムでは、全グレードに衝突被害軽減ブレーキやワイドバックアイカメラ、レーンキープアシスト、ブラインドスポットモニター、ACC、そして自動ハイビーム切り替え機能などを標準装備。十分に現代的なニーズを満たしたクロスオーバーモデルというわけです。

メーカー希望小売価格は、アリュールが339万円で、GTは361万円(消費税込み)。

カタログモデルの発売時に導入記念モデルとしてGT Line First Limitedが設定されていましたが、この記念モデルは在庫限りで終了となるということです。

(山本 晋也)