アウディA8改良型、デジタルOLEDテールライトを初装備

■グリルに複数の垂直スラットが黒で仕上げられた複雑なパターン

アウディの旗艦4ドアサルーン、『A8』改良型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

アウディ A8_003
アウディ A8 改良型プロトタイプ

現在、世界の自動車メーカーでは、クロスオーバーSUV人気に押され、セダンの需要に大きな影響を与えています。

しかし、メルセデス・ベンツが「Sクラス」新型を発売、レクサスは「LS」を改良し、BMWは「7シリーズ」次世代型を開発しているように、高級ブランドは依然としてフラッグシップセダンの開発に時間、労力、費用を費やしています。

これらブランドに対しアウディも旗艦セダン「A8」の大幅改良に着手しているようです。

アウディ A8_007
アウディ A8 改良型プロトタイプ

スカンジナビア北部の、ウィンターテスト中に捉えたプロトタイプのフロントエンドには、その幅全体に水平基調のバーが走ることなくアップデートされたフロントグリルが確認できます。

このテスト車両のグリルは、複数の垂直スラットが黒で仕上げられた複雑なパターンになっていますが、生産型では、クロム、またはメタリックに仕上げられる可能性もありそうです。

ヘッドライトは、ターンシグナルを兼ねるLEDデイタイムランニングライトが上部に移動、グラフィックが刷新され「A3」テイストが組み込まれています。後部ではテールライトの下半分の照明パターンが更新、「Q5」2021年モデルで採用された「デジタルOLEDテールライト」を手に入れる可能性もあるでしょう。

アウディ A8_009
アウディ A8 改良型プロトタイプ

室内では、インフォテイメントシステム用、HVAC制御、デジタルインストルメントクラスタのディスプレイを配置するなど、コックピットの全体的デザインに変化はなく、ソフトウェアのアップデートや装飾品、トリム類の見直しが図られると思われます。

パワートレインは、すべてのラインアップに48Vマイルドハイブリッドを設定、キャリオーバーされますが、燃費の改善、日酸化炭素排出量の削減が予想されています。

A8改良型は2021年内のデビューが予想され、その後高性能版S8や、超豪華仕様「ホルヒ」などの設定が期待されています。

(APOLLO)