【順位結果】2021年WRC第2戦アークティック SS10後

 2月28日、WRC世界ラリー選手権第2戦アークティックはデイ3のSS9、SS10が行われ、初日からラリーをリードしてきたオット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)が最後まで首位の座を守り抜き今季初優勝を飾った。20歳のフィンランド人ドライバー、カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)が2位。3位はティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)となった。トヨタ育成の勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)は自己ベストタイの総合6位でフィニッシュしている。

■WRC世界ラリー選手権第2戦アークティック SS10後暫定結果

Pos. No. Driver Machine Gap
1 8 O.タナク ヒュンダイi20クーペWRC 2h03’49.6
2 69 K.ロバンペラ トヨタ・ヤリスWRC +0’17.5
3 11 T.ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC +0’19.8
4 42 C.ブリーン ヒュンダイi20クーペWRC +0’52.6
5 33 E.エバンス トヨタ・ヤリスWRC +1’01.5
6 18 勝田貴元 トヨタ・ヤリスWRC +1’37.8
7 2 O.ソルベルグ ヒュンダイi20クーペWRC +1’39.0
8 3 T.スニネン フォード・フィエスタWRC +2’09.0
9 44 G.グリーンスミス フォード・フィエスタWRC +3’39.4
10 25 E.ラッピ(WRC2) フォルクスワーゲン・ポロGTI R5 +6’07.0
20 1 S.オジエ トヨタ・ヤリスWRC +11’06.2

※リザルトは編集部集計