起源は「イタリアの古い金貨」。フィアット フィオリーノ次期型、世界発売の野望!

■13年振りのフルチェンジ。グリルに水平貴重の2本のバー、DRLも刷新

イタリア・フィアットの小型商用車「フィオリーノ」次期型プロトタイプを、スウェーデン北部の山中でカメラが捉えました。

フィアット フィオリーノ_012
フィアット フィオリーノ 次世代型プロトタイプ

初代フィオリーノは1977年に発売、1988年には第2世代へバトンタッチされました。第3世代となる現行型は2007年に登場、2016年に大幅改良されており、今回が実に13年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

フィアット フィオリーノ_009
フィアット フィオリーノ 次世代型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、フロントクリップと車両の下半分をカモフラージュしています。フロントエンドでは、グリルに水平基調の2本のバーを配置。下部の吸気口には、2本の縦のフィンを配置し、LEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライトなど刷新されている様子が伺えます。また、新LEDテールライトの一部も顔を覗かせています。

キャビン内も大刷新されます。最新のインフォテイメントソフトウェアと安全システム、モダンで機能的なデザインがインテリアに取り入れられると思われます。

パワートレインは、1.3リットル、および1.4リットル直列4気筒エンジンをラインアップ。2021年内のデビューを目指して開発が進んでいますが、新型では一部市場のみの販売からグローバルモデルとなる可能性がありそうです。

(APOLLO)