【F1インタビュー:フェルスタッペン】レッドブルRB16B・ホンダの第一印象「パワーの面で大きな進歩を果たしているはず」

 マックス・フェルスタッペンがリモート囲み取材に応じたのは、レッドブルの2021年新車『RB16B』のシェイクダウンを行った直後のことだった。当然ながら質疑応答では、ニューマシンの感触に関する質問が集中した。昨年のRB16は不安定な挙動が問題になっていただけに、今季はどこまで改善できているのか。

 とはいえフェルスタッペンの口振りは、時折り冗談を交えながらも素っ気ないものだった。デモ用の固いタイヤでの、わずか100kmの走行では、まだ何も見えないというのが正直なところだろう。しかし来月バーレーンでの開幕直前テストでRB16Bの真価を見極めたい熱い気持ちは、十分に伝わってきた。

──────────────────────

──今回のシェイクダウンでは、わずかな距離しか走っていませんが、そこから見えたこともあるのでは?

マックス・フェルスタッペン(以下フェルスタッペン):どうだろう。何しろタイヤも、デモ用のものだったからね。レース用のタイヤとは、まったく感触が違う。この初走行で感じたことを基に、何かを考えることはない。大事なのは、何周か走ってみて、普通に感じたかどうかだけだ。バーレーン(の開幕前テスト)でレースタイヤを履いた時に、何が起きるのかを見極めることが重要だ。今回はとにかく新車をコースに引っ張り出して、100kmを走りたかった。エンジニアたちはデータを得られたし、僕はF1マシンに戻ってくることができた。

レッドブルF1の2021年型『RB16B』のシェイクダウンに出席したセルジオ・ペレス、クリスチャン・ホーナー(チーム代表)、エイドリアン・ニューウェイ(テクニカルディレクター)、マックス・フェルスタッペン、アレクサンダー・アルボン
レッドブルF1の2021年型『RB16B』のシェイクダウンに出席したセルジオ・ペレス、クリスチャン・ホーナー(チーム代表)、エイドリアン・ニューウェイ(テクニカルディレクター)、マックス・フェルスタッペン、アレクサンダー・アルボン

──今季のRB16Bは、去年型RB16の進化モデルです。外から見て違いは感じますか。

フェルスタッペン:ないんじゃない? 5年前のレッドブルと比べても、同じかも(笑)。それは冗談だけど、去年のクルマの発展形なのは間違いない。でも僕にとって重要なのは外見じゃなくて、速いかどうかだけだからね。

レッドブル・レーシングの2021年型マシン『RB16B』
レッドブル・レーシングの2021年型マシン『RB16B』

──レッドブルは新車を投入した序盤は苦戦するパターンが続いています。その意味では、知り尽くした去年型の進化版を開幕から走らせるのは、大きなアドバンテージになるのでは?

フェルスタッペン:大きな違いはないといっても、フロア後部が削られたことでダウンフォース量はかなり減っているはずだ。その条件で、はたしてどのマシンがベストパフォーマンスを発揮するのか。その辺りも今後のテストで、見極めたいところだね。去年はメルセデスがシーズンを通じて最高のマシンだった。何としても、追いつかないと。

──去年は何度も、「もっとパワーがほしい」と訴えていました。そのあたり、今季は改善されている?

フェルスタッペン:大きなステップアップを果たしているはずだ。ただ厳しい競争の世界だからね。ライバルたちも、もちろん休んでいないわけだし。

■「メルセデス以上の戦闘力が発揮できたら最高だね」とフェルスタッペン

──セルジオ・ペレスとはすでに、新車の印象について意見交換しましたか?

フェルスタッペン:チェコとは以前から仲がいいから、二人ともリラックスした感じでやってるよ。ただ新車に関しては、まだマシンバランスがどうとか、そんな話をする段階じゃないからね。これもまた、バーレーン以降だね。

──(ホンダが撤退する)来季2022年からは、レッドブル製パワーユニットで走ることになる。それについては、どう思っていますか?

フェルスタッペン:特に思うところはないよ。というか、今はとにかく今季のことに集中している。それだけだ。

──去年のRB16は、特にシーズン前半には不安定な挙動に悩まされました。RB16Bは、その辺り改善されている?

2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

フェルスタッペン:どうだろう。そこはまだわからないね。ただレーシングカーを本気で走らせる時は、いつだって限界だ。楽に運転できるなんてことは、決してないからね。楽に運転できるというのは、アンダーステアでどうしようもないクルマということなんだ。去年のシーズン終盤には、メルセデスは開発を止めていた。終盤どころか、7月以降は大きな改良版の投入がなかったよね。一方で僕らは、アップデートを重ねていた。いくつか問題があって、それを改善する必要があったんだ。今季は大きな技術レギュレーション変更がなかったから、それも改良を続けた理由の一つだ。その結果、どこまで進化できたか。対メルセデスで、彼ら以上の戦闘力が発揮できたら最高だね。

──ルイス・ハミルトンが今季限りで引退した場合、あなたが後継ドライバーリストのトップにいると言われています。

フェルスタッペン:ルイスが今季で引退するかどうかも知らないし、今の僕は今季のことしか考えてないよ。

2020年F1第12戦ポルトガルGP 3位マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第12戦ポルトガルGP 3位マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)