フォルクスワーゲン ゴルフ GTIはデビューから45周年。記念モデル「ゴルフ GTI クラブスポーツ 45」誕生!

フォルクスワーゲン ゴルフ GTIはデビューから45周年。記念モデル「ゴルフ GTI クラブスポーツ 45」誕生!

Volkswagen Golf GTI Clubsport 45

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツ 45

ヨーロッパでは3月1日から販売をスタート

1976年の夏、フォルクスワーゲンはその後の歴史に大きな意味を持つスポーツモデル「ゴルフ GTI」を投入した。当時のフォルクスワーゲンでは、ゴルフ GTIが世界で最も成功を収めるコンパクトスポーツカーになるとは誰も考えていなかった。当初、ゴルフ GTIの予定生産台数は5000台のみ。結果的にシリーズ累計230万台を超える大ヒットモデルとなっている。

フォルクスワーゲンは、この象徴的なスポーツモデルの45周年を記念し、アニバーサリー仕様「ゴルフ GTI クラブスポーツ 45」を発表した。最高出力300ps(221kW)を誇るゴルフ GTI クラブスポーツをベースに様々な装備を追加。価格は4万7790ユーロ、ドイツ・欧州では3月1日から先行販売がスタートする。現時点で日本への導入は発表されていない。

フォルクスワーゲン ゴルフ GTIデビュー45周年記念、「ゴルフ GTI クラブスポーツ 45」がデビュー

ハニカム形状の大型開口部を持つフロントバンパー

ベースとなったゴルフ GTI クラブスポーツは、ターボチャージャーの強化により、最高出力300ps・最大トルク400Nmを発揮する2.0リッター直列4気筒「EA888 evo4」TSI直噴ターボユニットを搭載。標準仕様のゴルフ GTIから、最高出力は55psも増加した。

ドライビングダイナミクス・システムには、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ専用にセッティングされた「ニュルブルクリンク・ドライビングプロファイル」がインストールされている。

エクステリアはフロントバンパーの開口部が拡大され、TSIユニットへのフレッシュエア吸入量を増加。さらにレーシーなハニカム形状のラジエーターとリムグリルが採用された。リヤにはダウンフォースレベルの向上を目指し、2ピース構造の大型リヤウイングが装着されている。

フォルクスワーゲン ゴルフ GTIデビュー45周年記念、「ゴルフ GTI クラブスポーツ 45」がデビュー

初代ゴルフ GTIをイメージしたブラック・ルーフ

45周年を記念したゴルフ GTI クラブスポーツ 45には、ベースモデルを超えるエキサイティングなエクステリアが与えられた。最大のポイントは、初代ゴルフ GTIの特徴だったブラックフレーム・リヤウインドウをオマージュした「ブラック・ルーフ」と「ブラック・ルーフスポイラー」だろう。さらにサイドシルパネルとトランクリッドには、ゴルフ GTI45周年をアピールする“45”の文字が入れられている。

専用のレースパッケージが標準装備され、グロスブラック仕上げの「19インチ・スコッツデール・アロイホイール」と、トルネード・レッドの「ナロー・アクセント・ピンストライプ・ディテール」を採用。このパッケージには、スポーツ・エキゾーストシステムと電子リミッターの解除も含まれている(ベースモデルは最高速度250km/hに制限)。

フォルクスワーゲン ゴルフ GTIデビュー45周年記念、「ゴルフ GTI クラブスポーツ 45」がデビュー

コクピットの各部に配置された“GTI”や“45”の意匠

レーシーなインテリアには“GTI”及び“45”などの記念バッジやステッチが採用された。

標準装備される「ArtVelours」素材を使用したプレミアムスポーツシートは、サーキットでのスポーツ走行時にも抜群のサポートを行う。さらにゴルフ GTI クラブスポーツ 45専用装備として、フロントシートのバックレストに“GTI”のレタリングも施された。

この他にもパンチングレザー・グリップを備えた「マルチファンクション・スポーツステアリングホイール」のセンタースポーク(6時位置)にも“45”の文字があしらわれている。