今夏デビューへ。VWゴルフRヴァリアント次期型をプレビュー!

■次期型ではニュルのラップタイムを20秒近く短縮

フォルクスワーゲンは2020年11月に最強ハッチバック「ゴルフR」を発表しましたが、その派生モデルとなる「ゴルフR ヴァリアント」市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

VW ゴルフR ヴァリアント_003
VW ゴルフR ヴァリアント 次期型プロトタイプ

豪雪の雪山で捉えたプロトタイプは、テールゲートの「R」バッジを隠すのみのフルヌード状態です。

低いサスペンションと特大ホイール、偏平率の低いロープロファイルタイヤを装備、そこには大型のクロスドリルブレーキディスクやブルーのブレーキキャリパーを見ることができるほか、サイドスカート、より大きな下部グリル開口部を備えたスポーティなフロントエンドも確認できます。

リアエンドにはオプションのアクラポビッチ排気システムを備えるクワッドエキゾーストパイプがインサートされています。

VW ゴルフR ヴァリアント_011
VW ゴルフR ヴァリアント 次期型プロトタイプ

パワートレインは、「ゴルフRハッチバック」と共有する最高出力315ps・最大トルク420Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒TSIターボチャージャーエンジンを搭載。7速デュアルクラッチオートマチックギアボックスを介して、全輪駆動「4モーション」システムに送られます。

また0-100km/h加速は4.6秒、最高速度は250km/hですが、オプションの「R-Performance Package」をセレクトすることで270km/hまで引き上げられます。出力の向上はわずかですが、ニュルブルクリンクで20秒近くラップタイムを短縮しており、総合的パフォーマンスは大幅にアップすることになります。

VW ゴルフRヴァリアントのデビューは今夏以降と予想されています。

(APOLLO)