KTMカーズジャパン、2021年スーパー耐久参戦体制を発表。クロスボウGTXでST-1に挑む

 2月26日、KTMカーズジャパンは『スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook』にKTMクロスボウGTXでST-1クラスに参戦すると正式に発表した。ドライバーは飯田太陽/加藤寛規/高橋一穂の3人となった。

 2021年のスーパー耐久において、話題の車両の一台といえるKTMクロスボウGTX。すでにスポーツ走行でもその姿をみせているが、2月27日に行われたスーパー耐久公式テストに向けてカラーリングされた姿と、参戦体制が発表された。

 エントリーするのはST-1クラスで、車両名は『ケーズフロンティア SYNTIUM KTM』。ドライバーは2020年にクロスボウGT4をドライブした飯田太陽と加藤寛規、高橋一穂という3人となった。日本にただ一台のマシンだが、この日はペトロナスカラーを主体としたホワイトとグリーン、グレーのカラーリングに彩られ、富士スピードウェイを走った。

 気になるタイムは、セッション1、セッション2で1分46秒台をマークしており、ST-Zクラスの上位よりやや速いタイムとなっている。特徴的なボディワークは、スーパー耐久のなかでも異色で、コース上でも大いに目立つ存在となった。

KTMカーズジャパン スーパー耐久シリーズ2021 参戦体制

カーナンバー:2
車両名:ケーズフロンティア SYNTIUM KTM
ドライバー:飯田太陽/加藤寛規/高橋一穂

KTMクロスボウGTX スペック

エンジン:直列5気筒直噴インタークーラーターボ
排気量:2,480mm
馬力:390kW (530ps) @ 6,500 rpm/min Racing Fuel – 102 ROZ
最大トルク: 615Nm @ 2,500-4,500 rpm/min
パワートレイン:MR LSD付き
トランスミッション:6速パドルシフト
パワー/ウエイトレシオ:1.98kg/ps
最高速度:276km/h
全長:4,626mm
全幅:2,040mm
全高:1,140mm
ホイールベース:2,850mm
フロントトレッド:1,752mm
リアトレッド:1,710mm
車両重量:1,048kg

スーパー耐久公式テストに登場したケーズフロンティア SYNTIUM KTM
スーパー耐久公式テストに登場したケーズフロンティア SYNTIUM KTM
スーパー耐久公式テストに登場したケーズフロンティア SYNTIUM KTM
スーパー耐久公式テストに登場したケーズフロンティア SYNTIUM KTM
スーパー耐久公式テストに登場したケーズフロンティア SYNTIUM KTM
スーパー耐久公式テストに登場したケーズフロンティア SYNTIUM KTM