【動画】フェラーリF1、新体制のもと始動。ルクレール&サインツJr.のコンビで不振脱却、タイトル争い復帰を目指す

 2月26日(金)、スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウは、2021年シーズンに向けてチームが新しい体制で動き始めている様子を動画で公開した。

 2020年はセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールのコンビで2年目を迎えたフェラーリだったが、新型コロナウイルスの影響でシーズン序盤のレースが軒並みキャンセルに。そんななか5月にはベッテルのチーム離脱が決まり、カルロス・サインツJr.を迎え入れることが明らかになった。

 一方この年は、プレシーズンテストの時点で戦闘力の低下が懸念された。前年に指摘されたパワーユニット(PU)の不正疑惑についてはFIAと極秘に和解したが、PUのパフォーマンスは低迷。その結果2020年は優勝を挙げることができず、表彰台獲得はわずか3回、コンストラクターズ選手権では6位とタイトル争いに絡めない散々なシーズンを過ごした。

 2021年は不振から脱却するため、技術部門を再編成。チーム代表とテクニカルディレクターを兼任するマッティア・ビノットのもと、エンリコ・カーディル、エンリコ・グアルティエーリ、ローレン・メキーズ、ジャンマリア・フルジェンツィら4名が各部門を統率し、シャシー部門も新たに4つのグループに編成された。

 そんなフェラーリが新たな体制で動き始めている様子が動画で公開された。すでに旧型車でテストを行ったサインツJr.は緊張感こそ感じているようだが、決してナーバスにはなっていないとのこと。跳ね馬の復活に向け、その活躍に期待したいところだ。

 メルセデスやレッドブル・ホンダとのトップ争いに臨みたいフェラーリ。2021年シーズンを戦うマシン『SF21』は、3月10日(水)に発表される予定だ。