アウディの人気コンパクトSUV「Q2」が待望のアップデート。導入記念モデル「Q2 1st edition」も同時発売

アウディの人気コンパクトSUV「Q2」が待望のアップデート。導入記念モデル「Q2 1st edition」も同時発売

Audi Q2

アウディ Q2

4年ぶりの大幅刷新。最新Q2は5月から発売開始

アウディ ジャパンは、4年ぶりに大幅刷新されたプレミアムコンパクトSUV「Q2」シリーズを、全国のアウディ正規ディーラーを通じて5月から発売することを発表した。また同時に、導入記念モデルとなる「Q2 1st edition」も125台限定でリリースされる。

アウディQ2シリーズは、アウディSUVのエントリーカテゴリーを担うモデル。個性的でコントラストの効いた内外装のデザインやワンサイズ上のクラスに匹敵する快適性とユーティリティ性能は高く評価されており、国内でも2017年のデビュー以来、アウディSUVの中で4年連続販売台数1位を記録している人気モデルになる。

Q2 S lineのフロントスタイル

ひと目でアウディと分かる、スポーティなイメージを強化

今回、4年ぶりに登場となる大幅改良モデルは、内外装の意匠変更や装備の追加、新型パワートレインの搭載、グレード構成の見直しなどが図られている。

まずエクステリアは、8角形のシングルフレームとボンネットの形状が変更されたほか、開口部が拡大したフロントバンパーや5角形のモチーフを取り入れたリヤバンパー、さらに新デザインのリヤディフューザーなどにより、スポーティで存在感のあるデザインに変更された。ボディサイズも全幅1795mm、全高1530mm(advanced)と、機械式立体駐車場に入庫も可能。ボディカラーにはアウディとしては初となるアップルグリーンメタリックを含む5つの新色を設定。あわせてブレードのカラーラインナップも一新している。

Q2 キャビン俯瞰カット

インフォテインメント機能と安全運転支援機能をブラッシュアップ

インテリアは、エアベントとシフトレバーのデザインを変更したほか、ダイヤモンドペイントフィニッシュシルバーグレーのデコラティブパネルも配置。またオプションで設定される「S lineプラスパッケージ」を装着すれば、スポーツシートやアルミニウムルックインテリアなどが追加されることで、よりスポーティなイメージが強まる。

装備関連は、メーターパネル内に配される12.3インチ液晶ディスプレイ「アウディバーチャルコックピット」や通信連携機能が強化されたMMIナビゲーションシステムなど、利便性の高いインフォテインメントシステムを新搭載。運転支援機能も、従来機能を大きくアップデートした最新システムがセーフティパッケージとして設定される。

グレード構成は「advanced」と「S line」の2つを設定。アンダーガードやサイドシル、ブレードの色をグレード別に設定することで差別化が図られる。S lineにはルーフスポイラーも追加されている。

1.5リッター直4TFSIエンジン

パワートレインは新開発1.5リッターターボ

パワートレインは、新開発の1.5リッターTFSIエンジンを搭載。直噴システムの採用により最高出力は110kW(150ps)、最大トルクは250Nmを発揮する。低負荷の場合は2気筒となる気筒休止システムを採用するなど、燃費性能の強化が図られていることも特徴だ。

また大幅刷新に合わせてQ2 35 TFSI S lineをベース車に、内外装装備を強化した導入記念モデル「Q2 1st edition」を125台限定で発売する。アップルグリーンメタリックとアローグレーパールエフェクトの2色のボディカラーを選べるほか、さらに「コンビニエンス&アシスタンスパッケージやナビゲーションパッケージ」「テクノロジーパッケージ」「S lineプラスパッケージ」「ブラックスタイリングパッケージ」に加えて、アウディスポーツ19インチアルミホイールとマトリクスLEDヘッドライトダイナミックインジケーター付(フロント・リヤ)が装備される。

【車両本体価格(税込)】

アウディ Q2

35 TFSI advanced:394万円
35 TFSI S line:430万円
1st edition:544万円(125台限定)
 

【問い合わせ】
アウディ コミュニケーション センター
TEL 0120-598-106