ジャガー初、最新プラットフォーム採用の『E-PACE』2021年モデルが登場

 兄貴分の『F-PACE』に続き、ジャガーの中核モデルに成長したコンパクト・パフォーマンスSUV『E-PACE』にも登場以来の大幅な改良が施され、2021年モデルへと刷新。ジャガー初となる最新のアーキテクチャー“PTA(プレミアム・トランスバース・アーキテクチャー)”を採用するなど大きく機能向上を果たし、2月18日より受注が開始されている。

 JLR(ジャガー・ランドローバー)のアライアンスを活かし、ランドローバーの『ディスカバリースポーツ』『レンジローバー・イヴォーク』などと車体構成を共有して生まれたジャガーのコンパクトSUVが、2017年の登場以来、モデル初の大幅改良を受け大きな進化を遂げた。

 その最大の変更点がプラットフォームに関するもので、最新の電動パワートレイン技術に対応するように設計された“PTA”をジャガーとしては初めて採用した。

 これによりエンジンマウントの位置が変更され、スロットルレスポンスを向上させながらステアリングホイールへ伝わる振動が減少。その結果、静粛性と乗り心地を高めることに成功している。

 そのほかの変更点は、同時に改良を受けた『F-PACE』の内容にも準じるもので、エンジン・ラインアップは、マイルド・ハイブリッド・テクノロジー(MHEV)を採用した最新の2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルを追加設定。

 最高出力150kW(204PS)、最大トルク430Nmを発揮するこの最新ユニットは、減速時に失われてしまうエネルギーを動力としてバッテリーに蓄え、時速17km/h以下でエンジンを停止させて無負荷走行を実現。また、スムーズな発進をサポートすることで燃費効率と加速時のレスポンスを改善している。

 このほか、2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリンには、P200(最高出力147kW(200PS)、最大トルク320Nm)と、P250(最高出力183kW(249PS)、最大トルク365Nm)の2種類のパワートリムが用意され、都合3種類のエンジンラインアップが整えられた。

 さらに注目のエクステリアは、プレミアムLEDやピクセルLEDを採用した“ダブルJ”グラフィックのLEDヘッドライトを筆頭に、ジャガーヘリテージロゴを想起させるダイヤモンド形状のフロントグリルメッシュや、フロントバンパーロワーインサート、リヤバンパーのデザインを刷新したほか、サイドベントにはジャガーのリーパーロゴを配し、新デザインのホイールも追加された。

最新の電動パワートレイン技術に対応するように設計されたPTA(プレミアム・トランスバース・アーキテクチャー)をジャガーとしては初めて採用

■特別仕様車“ローンチ・エディション”が50台限定発売

 インテリアでもエンボス加工のジャガーリーパーロゴをレイアウトしたヘッドレストやクリケットボールステッチを施したシフトレバー、コンソールの小物用トレイ、11.4インチのタッチスクリーンが新たに追加となり、イギリスのクラフトマンシップが細部にまで反映され、高級感と快適性を追求した室内となっている。

 また、従来のJaguar Driveコントロールで選択可能だった“雨/氷/雪”モードに代わり、さまざまな路面状況を瞬時に検知して、それに応じてグリップ力を調整するアダプティブ・サーフェス・レスポンス(AdSR)も備え、走行安定性がさらに高いレベルに引き上げられた。

 そして、3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、フロント&リアパーキングエイド、リヤコリジョンモニター、リヤトラフィックモニターなどの多彩なドライバー支援システムと最新インフォテインメント・システム“Pivi”を標準装備に。Sグレード以上では自動的に“Pivi Pro”となり、付帯するオンラインパックに専用の通信データプランが用意され、ナビ、メディア、カレンダーなど各種メディアのアプリがデータ容量を気にすることなく使用可能だ。

 その『E-PACE』2021年モデルの発売を記念し、こちらも上位モデル同様に特別仕様車“LAUNCH EDITION(ローンチ・エディション)”が50台限定で用意された。最上級グレードの“R-DYNAMIC HSE P250”をベースに、専用色のポルトフィーノブルーに、クラウド、ディープガーネットのインテリアカラーが組み合わされる。

 さらにスポーティさを際立たせるブラックエクステリアパックに、ピクセルLEDヘッドライト、21インチホイール(グロスブラック)に加え、ワイヤレスデバイスチャージングや空気清浄システム(PM2.5フィルター搭載)など最新のオプションも備わっている。

 カタログモデルでもブルーファイヤーブルー、アイガーグレイ、ハクバシルバー、カルパチアングレイなど豊富な新色が追加され、全11色を用意。価格は498万~698万円(税込)で、特別仕様車“ローンチ・エディション”が854万8000円(税込)となっている。

さまざまな路面状況を瞬時に検知して、それに応じてグリップ力を調整するアダプティブ・サーフェス・レスポンス(AdSR)も備えられる

Jaguarウェブサイト:http://www.jaguar.co.jp
ジャガーコール(フリーダイヤル):0120-050-689