「速さは1000馬力のGT-Rと同等!」ストリート最強86が鈴鹿で強烈な走りを見せつける!!

「速さは1000馬力のGT-Rと同等!」ストリート最強86が鈴鹿で強烈な走りを見せつける!!

オーバー600馬力の強心臓を武器に闘うFRモンスター

軽量化なしで鈴鹿2分10秒台に突入!

2019年末の鈴鹿サーキット走行会で2分11秒台を記録し、業界を騒然とさせたスクリーンの86。このタイム、ナンバー付き86のコースレコードであることはもちろん、1000psクラスのR35GT-Rとも渡り合えるほどのタイムなのである。

あれから約1年、最強86が各部をブラッシュアップして再び鈴鹿サーキットをアタックした。そして見事に2分10秒入り(2分10秒795)を果たしたのだ。

チューニング内容をチェックしていく。まず何と言っても注目なのはパワー系だ。FA20エンジンはHKS製ローコンプピストン、I断面コンロッド、ロングストローククランクを組み込んだ2.1L仕様で、ポートなど各部はスクリーンオリジナル加工が施されている。過給機はターボチャージャー仕様で、選択しているのはHKSのGTII8267という大風量タイプである。

ハイパワーに合わせて燃料系もポートインジェクターをHKSの555cc大容量タイプに、燃料ポンプも強化品に変更。ECUTEKによりメインコンピュータのプログラムを書き換えて、きめ細やかに制御しているのもポイントだ。最大ブースト1.5キロの設定で、最高出力623ps、最大トルク66.8kgmを叩き出している。

足回りは、D2ジャパンのラインナップの中で最上級モデルとなるスーパーレーシング3WAYを軸に構築。バネレートはフロントが14kg/mm、リヤが16kg/mm。その他、レボリューションの調整式スタビリンクやマルシェの補強パーツなどを投入する。

装着タイヤはラジアルのポテンザRE12Dで、前後とも265/35R18を装着。ホイールはボルクレーシングTE37SL(9.5J×18+45)だ。あくまでストリートスペックということで、ラジアルタイヤに拘る。

室内はシートをホールド性の高いレカロRMSに変更する他、トラストのブースト、水温、油温、油圧計を装着。ストリート仕様のコンセプト通り、ドアパネルやフロアカーペット類は全て装備され、軽量化なしのほぼノーマル状態のため、車重は1300kgとなっている。

ドライブトレインはミッションをホリンジャーの6速シーケンシャルタイプに変更。クラッチはORCのツインタイプ、LSDはクスコRSという組み合わせだ。

アタッカーを務めたレーシングドライバーの蒲生選手は「前回のタイムを更新できて良かった! この86は、エンジンパワーでタイムを稼ぐという方向性。GTウイングこそ付いているけど、ワイド化もしていないし、S字のようなコーナーではワイドなトレッドや強大な空力デバイスに助けてもらえないという部分があります。その分、抵抗は少ないから最高速が伸びるんですよね。まだタイムを削る余地はありますよ」とコメント。

次なる目標は、言わずもがな2分10秒切りだ。今後このストリート最強86がどのように進化していくのか、その動向には注目していきたい。

●取材協力:スクリーン TEL:022-348-3761