亡き親友に敬意を表した究極のスーパーカー、ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ【スペック&フォトギャラリー】

 ゴードン・マレー・オートモーティブは2月22日、F1ワールドチャンピオンのニキ・ラウダの名を冠した限定モデル『ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ』を発表した。サーキット専用モデルとなる同車は、ロードゴーイングカーの『T.50』と同じ“ファンカー”の構造を備えたハイパフォーマンスカー。2023年1月から生産開始予定で、世界限定25台が310万ポンド(約4億6000万円)で発売される。

 ここでは偉大なF1チャンピオンの名が与えられた究極のトラックモデルの主要スペックと、公開された画像をフォトギャラリー形式でお届けする。

■ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ 主要諸元

車両
全長 4416mm
全幅 1917mm
全高 1179mm
ホイールベース 2700mm
トレッド(前) 1629mm
トレッド(後) 1573mm
重量 852kg
最低地上高(前) 87mm
最低地上高(後) 116mm
パワートレイン
タイプ コスワースGMA-S
形式 V型12気筒
Vバンク 65度
排気量 3994cc
ボア/ストローク 81.5/63.8mm
圧縮比 15:1
最高出力 711ps(725bhp)/11500rpm
最大トルク 485Nm/9000rpm
最大回転数 12100rpm
エンジン重量 162kg
トランスミッション Xトラック製6速パドルシフト
ギアボックス重量 76kg

ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ
T.50からチンスポイラーやカナードなどのエアロパーツが追加されたT.50sニキ・ラウダ
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダのサイドビュー
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ
巨大なファンとデュフューザーが目を引くゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ
車両下部のエアを吸い出す直径400mmのファン
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダのコクピット
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ
ニキ・ラウダの文字とサインが入れられた垂直フィン
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダのリヤウイング
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダのサイドミラー
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ
ゴードン・マレーT.50sニキ・ラウダ