レッドブル・ホンダF1が2021年の新車『RB16B』を発表。フェルスタッペン&ペレスのコンビでタイトルを目指す

 2月23日(火)、レッドブル・レーシングは、2021年シーズンを戦う新型マシン『RB16B』を発表した。ホンダのパワーユニット(PU)を搭載して3シーズン目を迎える2021年は、マックス・フェルスタッペンと新たに加入したセルジオ・ペレスを擁し、タイトル獲得を目指して王者メルセデスに挑む。

 フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンのふたりで戦った2020年は、フェルスタッペンがタイヤ戦略を活かして第5戦70周年記念GPでシーズン初優勝。最終戦ではポール・トゥ・ウインを飾り、2021年に向け良い流れでシーズンを締めくくった。

 一方アルボンも2度の表彰台を獲得する活躍を見せたが、フェルスタッペンの後塵を拝するレースが続き優勝は叶わず。結局メルセデスに及ばず、最終的にレッドブルはコンストラクターズ選手権2位でシーズンを終えた。

 そしてこの2021年は、アルボンに代わってペレスを起用。レッドブルの育成ドライバーではないペレスを起用するのは異例のことだが、昨年F1初優勝を飾ったペレスのドライビングには期待がかかる。

 今回発表されたRB16Bについては、マシンのリヤ部分が大きく変更されると予想されていたが、カラーリングは例年通りネイビーがベースとなっている。また先日発表されたスクーデリア・アルファタウリ・ホンダの2021年型マシン『AT02』と同じく、リヤウイングにホンダのロゴが大きく掲載されている。

 ホンダF1の最終年となる2021年、メルセデスを相手にレッドブルとホンダ、そしてフェルスタッペンとペレスは、どのようなレースを見せてくれるだろうか。タイトル争い、そして新しいチームメイト同士のバトルにも注目だ。

レッドブル・レーシングの2021年型マシン『RB16B』
レッドブル・レーシングの2021年型マシン『RB16B』