フェラーリF1、2021年初の18インチタイヤ開発テストを実施。ルクレールが110周を走行

 F1公式タイヤサプサイヤーのピレリは、2月22日、スクーデリア・フェラーリが2022年用18インチタイヤのテストを行ったことを明らかにした。

 2022年、F1の技術レギュレーションが大幅に変更され、次世代マシンが導入される。そのタイミングで、現在13インチに定められているホイール径が18インチへと変えられることも決まっている。

 ピレリは今年初めての18インチタイヤのテストをフェラーリが実施したことを明らかにした。スペイン・ヘレスでシャルル・ルクレールが走行したということだ。

「我々の18インチ(タイヤの)テストがシャルル・ルクレールとスクーデリア・フェラーリによって目下進行中だ」とピレリはSNSを通してコメントした。

「本日、スペインのヘレス・サーキットで2022年用プロトタイプのインターミディエイトタイヤで110周の走行が行われた。明日も走行を続ける」

 ピレリはチームの協力のもと、2019年からコース上で18インチタイヤのテストをスタートし、メルセデス、マクラーレン、ルノー、フェラーリが走行を行った。フェラーリは2020年2月にこのタイヤテストを行った際に、モディファイした2019年型SF90を使用している。

マクラーレンのサインツが18インチF1タイヤのテスト
マクラーレンのサインツが18インチF1タイヤのテスト

 2020年にはパンデミックにより、タイヤテストを当初の予定どおり実行することができなかったため、FIAは、2021年にはテストの日数を25日から30日に拡大することを認めた。