F1デビューから20年のライコネン、情熱は衰えず「新シーズンに向けてわくわくしている。『C41』の感触を確かめたい」

 アルファロメオ・レーシング・オーレンのキミ・ライコネンは、F1デビューの日から20年が経過するいまも、シーズンに向けて興奮しており、走ることへの情熱が失われていないと語った。

 2007年F1チャンピオンで現在41歳のキミ・ライコネンは、昨年、出走回数329回という記録を作り、今年さらに最多記録を更新していくことになる。

 2021年型『C41』の発表会で、2001年3月にF1デビューを果たしてから約20年たつことについて聞かれたライコネンは、それだけの時が流れても、レースが好きだという気持ちは変わっていないと答えた。

アルファロメオ・レーシング・オーレンの2021年型マシン『C41』
アルファロメオ・レーシング・オーレンの2021年型マシン『C41』

「時間がたつのは早いね。長い時間がたったけれど、途中でF1から離れていた時期もあるし、20年過ぎたという感じはしない」とライコネン。

「(今も僕をわくわくさせてくれるのは)レースをすること、マシンに乗って走ることだ。今まで、それ以外に大好きだと思うことに出会っていない。今もレースをエンジョイし、物事を改善し、向上することへのチャレンジを楽しんでいる」

「新シーズンに向けて興奮している。今はとても不確かな状況だ。まだマシンを走らせていないし、規則変更もあった。僕らがどのあたりに位置するのか、それは分からないよ」

「でも数週間後にはテストが行われるから、実際にはどういう状況なのか、マシンはどういう感触なのかがそこで分かるだろう。そして約1カ月後には開幕だ。シーズンが始まれば、全員の序列が明らかになる」

「開幕戦まで日がないから、(テストの)3日間を有意義に過ごし、しっかり周回を重ねる必要がある。マシンから多くのことを学び、そこから何を得られるかを確認しなければならない」