織戸学が目指す、クルマ好きのための新しい遊び場『オリドパラダイス』メンバー募集開始

 2月22日、株式会社ツクルマは同社と、織戸学が代表を務めるエム・オリドプロジェクトがスタートさせた有料コミュニティサービス『オリドパラダイス』のメンバー、およびサポーター募集を開始すると発表した。

 クルマ好きのための、クルマ好きによるカーライフコミュニティとして誕生した『オリドパラダイス』は、2021年もスーパーGT GT300クラスにaprから参戦する現役レーシングドライバーMAX ORIDOこと織戸が、自身の新たな挑戦に掲げる“クルマ好きのクルマ好きによる遊び場づくり”を目指して立ち上げたもの。

 同コミュニティのテーマは『クルマで自由に遊ぶこと』。若い時にできなかったことや、若い時にやってきたこと、時代が変わり昔は許容されていたものの現在では困難なことが沢山あるなかで、今できるやり方でクルマを楽しみたい人と、楽しむ場所を作ればいい。そんな織戸の想いから生まれたのが、オリドパラダイスだ。

 企画に参加して楽しむのはもちろん、イベントを企画することを楽しんだり、ドライビングテクニックを学び覚える楽しさや、ものづくりの楽しさを味わうなど楽しみ方は千差万別。

 この新しいかたちの完全登録制コミュニティでは、織戸ファミリーとなるメンバー同士が繋がり、ともに笑い、同じ時間を共有しながら十人十色なクルマの楽しみ方を共有し、クルマでとことん遊び尽くすことができる。

 そんなオリドパラダイスのスタートに際し、織戸は次のようにコメントしている。

「クルマと過ごす楽しさ、クルマ好きの仲間と夢に向かって、クルマを通して遊ぶことの楽しさを皆と共有したい」

「共通のスタイルの仲間と過ごすことで、悩みも、やりたいことも聞ける、一緒に遊ぶ。純粋に楽しい時間。今の時代は、公道でクルマを思い切り走ったり、競ったりできる時代じゃない(当たり前です)。それどころか、クルマ好きが、集まれる場所すら少なくなってきている時代」

「しかし、楽しみたいと思っているクルマ好きがいる。仲間がいる。なんとかしたい。俺たちのクルマ遊びを、まだまだ楽しく続けたい」

「『やりましょうよ』って言ってくれる仲間たちがいる。オリドパラダイスはみんなで作るクルマの遊び場所。初めてみます『オリドパラダイス』」

「俺だけではできないことが、できる環境になったら最高です。皆で作る遊び場所」

 22日より開始されている同コミュニティのメンバー登録では氏名、住所、電話番号の入力が必要となる。月額料は500円で別途登録料が発生する。その他コミュニティ概要や申込方法など詳しくはオリドパラダイス公式ページ(https://autoage.jp/oripara)まで。

オリドパラダイスのコミュニティオーナーを務めるMAX ORIDOこと織戸学
オリドパラダイスのコミュニティオーナーを務めるMAX ORIDOこと織戸学

■オリドパラダイス

完全登録制カーコミュニティ
登録料:2500円 ※メンバーカード作成送付料金
月額料:500円 ※維持管理費用
カーライフマネージャー『マイガレージ』利用
非公開Facebookグループへの招待 ※要Facebookアカウント
公式ページ:https://autoage.jp/oripara