「86&BRZチューンに終わりはない!」 快速仕様を突き詰めた老舗の技ありスペック【幻の東京オートサロン2021】

「86&BRZチューンに終わりはない!」 快速仕様を突き詰めた老舗の技ありスペック【幻の東京オートサロン2021】

格上マシンをも打ち負かす戦闘力

厳選された高性能パーツの数々が驚異的な速さに繋がる!

GRスープラやGRヤリスが登場して存在感が薄れた感じも否めない86&BRZだが、チューニングの熟成ぶりはこちらが一枚上手。チューニング次第では、最新スポーツを凌駕する速さを獲得することも可能だ。その好サンプルと言えるのが、岩手県奥州市に店舗を構える“クルマドーカスタムファクトリー”が製作したBRZだ。

“日常性を犠牲にせずに、スポーツ走行を楽しめる”というコンセプトを掲げるこのデモカーは、完全合法スペックで軽量化も一切なし。快適装備の追加やターボ化によりノーマルよりも60kgも重くなっているにも関わらず、ホームコースであるスポーツランドSUGOでは1分35秒台、筑波サーキットでは1分1秒台という好タイムをマークする。

エンジンはトラストT518Zタービンを軸にしたボルトオンターボキットを組み込み、最大ブースト圧1.0キロ時に330ps(ダイナパック計測)をマーク。ちなみに、同条件で計測したノーマルの出力は160psだったそう。保険的な意味でFA20DIT用コンロッドを組んだ以外はノーマルのままだが、ここまでトラブルなし。

トラストのT518Zタービンを装着するにあたり、EXマニやインテークパイプもキット付属品に変更される。T518Z仕様はターボの割にフラットなパワー特性となっており、街乗りもしやすくサーキットでの扱いにくさもないとか。

前置きインタークーラーもキット付属品をそのまま使用。サーキット走行に備えてオイルクーラーやラジエターもトラスト製を追加装着している。

インテリアでは、ドライバーから見やすい位置に追加メーターを配備。AIMのA/F計以外はすべてトラスト製(プロフェック、シリウスブーストメーター、インテリジェントインフォメーター)だ。

ストリート仕様なので、シートはフルバケットタイプではなくあえてリクライニング式をチョイス。運転席、助手席ともにブリッドのDIGOIIを採用する。4点式ハーネスはHPI製をセットした。

トラストのリップスポイラーの下側にオリジナルのアンダースポイラーを追加。フロントマスクの迫力を引き上げると同時に、空力性能をアップさせている。ボンネットダクトもオリジナルだ。

足回りはグレッディパフォーマンスダンパーを軸に構築。スプリングはオリジナル(F9kg/mm R10kg/mm)を組み合わせた他、フロントの各アームは強化ブッシュとクスコのステアリングラック補強ステーにより、ハンドリングのダイレクト感を向上させている。

サーキットアタックする上で重要になるブレーキは、D2キャリパー(F8ポット R4ポット)で強化。制動力を高めると同時に、サーキットでの安心感を向上させている。ホイールはボルクレーシングTE37タイムアタックエディション(9.0J+43)で、タイヤにはアドバンA052(265/35R18)を組み合わせる。

このように、エンジンやボディ側はツボを押さえた補強がなされているものの、スペシャルパーツの投入は一切無し。一般ユーザーでも真似できるレベルのメイキングで圧巻の速さを手に入れているのだ。

●取材協力:クルマドーカスタムファクトリー:岩手県奥州市水沢区佐倉河字前田13 TEL:0197-25-7895