ハリアーの「チュウヒ」真鍮製キーホルダー・チャーム! 高岡市の鋳物ブランドとネッツトヨタ富山がコラボ|アクセサリー カスタム

年を重ねるごとに表面が酸化して独特な味わいを出す!
新型で姿を消したハリアーのチュウヒエンブレムを再現

ネッツトヨタ富山「ハリアー 真鍮製キーホルダー・チャーム」

トヨタ ハリアー エンブレム チュウヒ キーホルダー ネッツトヨタ 富山
ネッツトヨタ富山から、トヨタ・ハリアーのチュウヒエンブレムを忠実に再現した「真鍮製キーホルダー・チャーム」が登場。ネットショップにて販売される。

都市型SUVの先駆けとして1997年の登場以来、ワイルドかつエレガントな外観と高級サルーンのような上質な乗り心地で人気を博しているハリアー。そのフロントグリルには、車名を表す「チュウヒ(低空飛行を得意とするタカ科の鳥)」をモチーフとしたエンブレムが飾られていた。

しかし、2020年に登場した4代目80系では、エンブレムがチュウヒからトヨタマークへと変わり、フロントからチュウヒの姿が消えることになってしまった。

ハリアーの象徴である「チュウヒ」エンブレムロスを憂う方も多く、キーホルダー・チャーム開発者のネッツトヨタ富山の島さんもハリアーを愛してやまないオーナーの一人だった。

「同じ思いを持つ方は多いと思いますし、愛着のあるエンブレムをいつまでも手元に残しておけるように、さりげないサイズのキーホルダー・チャームがいいなと。長く使ってもらえたら素敵だろうなというイメージして作りました」と開発をスタート。

重要なポイントとなる素材には無垢の真鍮をチョイスし、400年の歴史を持つ“鋳物のまち”として知られる富山県高岡市の鋳物ブランドと、ネッツトヨタ富山のコラボという形でチュウヒエンブレムを3Dで忠実に再現した。

メッキや塗装をせず、無垢の真鍮のみで作られた作品は15.8gと程よい重みがあり、真鍮鋳肌特有のザラッとした肌触りをそのままに、職人の手で一つ一つ丁寧に仕上げられている。初めは特有の輝きを放つが、徐々に色濃く変化するのが真鍮の特徴。使えば使うほどに独特な深みを増し、素材本来の美しさを堪能できる。


「ハリアーの「チュウヒ」真鍮製キーホルダー・チャーム! 高岡市の鋳物ブランドとネッツトヨタ富山がコラボ|アクセサリー カスタム」の1枚めの画像無垢の真鍮製で全長50mm、ずっしりとした重量15.8gでチュウヒエンブレムを忠実に再現。

ネッツトヨタ富山は、富山県内に10店舗を展開するトヨタ自動車の正規ディーラー。一般的なショールームとは一線を画す、オープンで個性豊かな独特な空間を演出している。本店(写真)は、高い天井と石畳のフロアが印象的なコンコースで、人々が行き交うヨーロッパの駅をモチーフとしている。

【PARTS SPECIFICATION】
●商品名:ハリアー 真鍮製キーホルダー・チャーム
●価格:8000円
●サイズ:W50×H22×D5mm
●重量:15.8g
●材質:真鍮鋳肌仕上げ
●付属:化粧箱
●販売サイト:https://netztoyama.base.shop/

問:ネッツトヨタ富山 076-451-2828
https://www.netz-toyama.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_清水 勤]