「アルピーヌF1の目標は、遅くとも2022年には優勝すること」とルノーCEO

 ルノーのCEOを務めるルカ・デ・メオは、アルピーヌF1チームが遅くとも2022年までには表彰台の常連になり、1勝か2勝は挙げられる状態になることを期待している。

 デ・メオは2020年からルノーの指揮をとっており、グループ内の大幅な戦略的変更を統括してきた。そのなかにはF1チームの名称を、ルノー傘下のスポーツカーであるアルピーヌに変更したことも含まれている。

 今年F1に復帰する2度のF1チャンピオン、フェルナンド・アロンソと、才能に恵まれた若手エステバン・オコンを擁して戦いに臨むアルピーヌの野望は、今年さらに前進を果たし、来年には優勝することであるとデ・メオは言う。

 ドイツの『Frankfurter Allgemeine』のインタビューで、デ・メオはルノーのトップエンジニアたちがアルピーヌに再配置されており、チームが「遅くとも2022年からはテレビや新聞で頻繁に取り上げられ、表彰台の常連になって、レースで1、2勝を挙げられる」ようになることを期待していると語った。

アルピーヌF1マシンの“冬仕様”カラーリング
アルピーヌF1マシンの“冬仕様”カラーリング

 デ・メオはMotoGPのチーム・スズキ・エクスターのチームマネージャーだったダビデ・ブリビオの獲得に尽力した。今年1月、グループ・ルノーは、ルノーF1でマネージングディレクターを務めたシリル・アビテブールの離脱を発表。ブリビオがアルピーヌF1チームに加入し、アルピーヌブランドのCEOローラン・ロッシの直属のレーシングディレクターを務めることが明らかにされた。

「彼(ブリビオ)はスズキでMotoGP世界タイトルを獲得した」とデ・メオは語った。「二輪の世界を去り、四輪に移るわけだが、それは問題にはならない」

「彼は優秀なプロフェッショナルだ。現場の空気感や、緊密に結びついたチームを持つことの重要性を知っており、全員に特定の役割を委ねる。仕事の進め方を熟知しているのだ」

 デ・メオはブランドを強化するものとしてF1を支持している一方で、市販車産業において役立つテクノロジーを開発するF1の能力に関しても信頼を寄せている。
 現在FIAはバイオ燃料の開発を推し進めている。デ・メオはそれにより将来的にはF1がより環境に優しく持続可能なものになると見込んでいる。