トヨタ、WRC初開催の北極圏で開幕2連勝を狙う。ラトバラ「テレビ映えする素晴らしいラリーになる」

 WRC世界ラリー選手権に参戦しているTOYOTA GAZOO Racing WRTは2月26~28日、フィンランド北部で開催される2021年シーズン第2戦アークティックに、セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組とエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組、さらにカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組を加えた3台体制で臨み、開幕戦に続く総合優勝を目指す。

 トヨタが3つのタイトル獲得を目標に参戦しているWRCでは例年2月にラリー・スウェーデンが行われるが、今季は新型コロナウイルスの影響により同イベントが中止となり、その代替イベントとしてアークティック・ラリー・フィンランドが開催されることとなった。

 フィンランド北部のロバニエミを拠点にして行われる今大会はWRC初の北極圏でのイベント。コンディションはラリー・スウェーデンと同じく、スタッドタイヤを使用するフルスノーとなるが、同地では例年積雪が多く近年のWRCで度々問題となる雪不足の心配は無用だ。

 ラリーは26日(金)に開幕し、初日は今大会最長の全長31.05kmのステージを2回走行する。このうち後半のSS2はナイトステージだ。翌土曜は3本のステージをサービスを挟んで各2回走るが、こちらもラスト2本のSSは暗闇の中で実施される。

 28日の最終日は全長22.47kmのステージを2本続けて走行。最終ステージとなるSS10はステージ上位ドライバーにボーナスポイントが与えられる“パワーステージ”に設定された。

雪かき役を強いられるものの、開幕2連勝を狙う王者セバスチャン・オジエ
雪かき役を強いられるものの、開幕2連勝を狙う王者セバスチャン・オジエ

 1月末に行われた第1戦モンテカルロでワン・ツー・フィニッシュを飾ったトヨタ。地元で優勝を飾り、理想的なシーズンのスタートを切ったオジエはスウェーデンでも過去3回の優勝経験を持つ。また、前戦2位のエバンスは昨年、スウェーデンでチーム加入後初の勝利を達成し、スノーラリーでのパフォーマンスを証明している。

 そんなふたりを抑えて今大会の優勝候補の筆頭に挙げられているのが若手のロバンペラだ。20歳のフィンランド人ドライバーは、前戦4位となったことで出走順がオジエとエバンスより遅くなり、アークティックでの“雪かき役”を免れる。

 また昨年、フィンランド国内選手権の開幕戦として行われた今大会の姉妹イベント、アークティック・ラップランド・ラリーにトヨタ・ヤリスWRCで参戦し、ユホ・ハンニネンとのコンビで優勝を飾った。2020年のラリー・スウェーデンでは3位となりWRC最年少表彰台記録を更新したロバンペラ。今季は自国開催のスノーラリーで昨年以上の好結果を狙う。

■「クルマの安定性が非常に重要」とラトバラ

「ラリー・モンテカルロでの素晴らしいリザルトで今シーズンのスタートをきったが、チームがうまく連携しながらよく機能しているのを見て本当にうれしかった。そして今、WRCとして初めて開催されるアークティック・ラリー・フィンランドを楽しみにしている」と語るのは、2021年からチームの指揮を執るヤリ-マティ・ラトバラ代表。

「何年も前から、充分な積雪が保証されるこのイベントがWRCとして開催されたら、きっと素晴らしいものになるだろうと語られてきた」

「今年そのチャンスが突然訪れ、関係者全員の素晴らしい仕事により、短期間で実現されることになった。真っ白な雪と太陽の光により、とてもテレビ映えのする素晴らしいラリーになると思う」

 チームが拠点を置くフィンランドでのイベントであるため、多少のプレッシャーもあるというラトバラだが、ヤリスWRCはそのフィンランドで開発が行われてきたことから、ラップランドのようなコンディションにおいても対応が可能だという。

「ラップランドには長くて高速なコーナーが多く、自信を持てないと大幅にタイムを失ってしまう。そのため、クルマの安定性が非常に重要だ」

「我々にとってはホームイベントであり、ヤリスWRCはこのようなコンディションのフィンランドの道で開発されてきたので、いつもより少しプレッシャーがかかると思うが、我々はそれに対応できると確信している」

優勝候補に挙げられているカッレ・ロバンペラ。仮に優勝するとヤリ-マティ・ラトバラが持つWRC最年少優勝記録を更新することになる。
優勝候補に挙げられているカッレ・ロバンペラ。仮に優勝するとヤリ-マティ・ラトバラが持つWRC最年少優勝記録を更新することになる。