ホンダが社長人事を発表。新社長に三部敏宏氏が就任、八郷隆弘現社長は取締役へ

 ホンダは2月19日、社長人事についてのプレスリリースを発行し、同日の取締役会において専務取締役の三部敏宏氏を4月1日付で代表取締役社長とするとともに、八郷隆弘現代表取締役社長を同日付で取締役とする人事を決定したと発表した。なお、6月に開催予定の定時株主総会で三部氏が取締役代表執行役社長に就任し、八郷現社長は退任する予定だ。

 2015年からホンダ社長を務めた八郷氏は、約6年間の社長在任中が事業環境の大転換期にあたり、ホンダの将来に向け、『2030年ビジョン』を策定。「すべての人に『生活の可能性が拡がる喜び』を提供する」というステートメントの実現に向け、既存事業の盤石化と将来の成長に向けた仕込みに取り組んできた。生産領域や開発領域の効率化や体質強化をはじめ、グローバルでの選択と集中を行うことで、将来への土台づくりを完成させる取り組みを行ってきた。

 また、F1やMotoGP、スーパーGT等モータースポーツの現場にもしばしば訪れており、グリッドでドライバーやライダーを激励する姿がよく見られていた。

 新社長に就任予定の三部氏は、1987年にホンダに入社。その後、エンジン開発を中心に四輪車の研究、開発に従事してきた。2019年には株式会社本田技術研究所代表取締役社長に、2020年には本田技研工業株式会社の専務取締役に就任し、現在に至る。

 ホンダでは「変革の時代に、新しい価値観の拡がる世界において、新体制のもと、『技術は人のため』というホンダの創業時から変わらない、社会課題解決への姿勢をさらに強めることで、持続した成長・進化を実現していきます。社会とともに成長し、進化し続けるホンダにぜひご期待ください」と新社長就任へ向け記した。

2016年のマルク・マルケスのタイトル獲得をともに祝うホンダ八郷隆弘社長
2016年のマルク・マルケスのタイトル獲得をともに祝うホンダ八郷隆弘社長
2017年スーパーGT第4戦SUGO グリッドで写真に収まる八郷隆弘社長と山本尚貴、野尻智紀
2017年スーパーGT第4戦SUGO グリッドで写真に収まる八郷隆弘社長と山本尚貴、野尻智紀
2019年F1オーストラリアGPを訪れドライバーたちを激励する八郷隆弘社長
2019年F1オーストラリアGPを訪れドライバーたちを激励する八郷隆弘社長
2017年モースポフェス鈴鹿 八郷隆弘社長とトヨタ自動車豊田章男社長
2017年モースポフェス鈴鹿 八郷隆弘社長とトヨタ自動車豊田章男社長
2020年のインディ500を制し凱旋記者会見に臨んだ佐藤琢磨と八郷隆弘社長
2020年のインディ500を制し凱旋記者会見に臨んだ佐藤琢磨と八郷隆弘社長