TEAM MUGEN、チームゴウをパートナーに迎えてのスーパーフォーミュラ参戦を発表。大津弘樹を起用

 TEAM MUGENは2月19日、2021年の全日本スーパーフォーミュラ選手権の参戦体制について発表した。すでに16号車については野尻智紀の起用が決定しているが、15号車は新たに世界中のレースで活躍してきたチームゴウをパートナーに迎え、大津弘樹を起用することになった。

 全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するTEAM MUGENは、すでに2021年1月15日に発表されたホンダのモータースポーツ活動とともに、16号車のドライバーとして野尻の起用を決めていたが、15号車の体制については未定となっていた。

 そんななか、2月19日にTEAM MUGENはプレスリリースを発行し、新たにル・マン24時間やスーパーGTなどで活躍、2020年はデイル・コイン・レーシングとのコラボレーションでインディカー・シリーズにも挑戦したチームゴウをパートナーとして迎え、『Red Bull MUGEN Team Goh』というチーム名となると発表した。

 ドライバーとして起用されるのは、2020年にスーパーGT GT500クラスに参戦し速さをみせたほか、全日本F3選手権、スーパーGT GT300クラスでも速さをみせてきた大津だ。2020年はスーパーフォーミュラ第7戦にも参戦しており、すでにSFの経験もある。

 日本を代表するビッグネームがパートナーを組むことになった2021年のRed Bull MUGEN Team Goh。いよいよフル参戦となる若き大津がどんな戦いをみせてくれるのか、大いに楽しみにしたいところだ。

TEAM MUGENのシャツに身を包む大津弘樹
TEAM MUGENのシャツに身を包む大津弘樹
2020年にデイル・コイン・レーシング・ウィズ・チームゴウからインディカー・シリーズに参戦したアレックス・パロウ
2020年にデイル・コイン・レーシング・ウィズ・チームゴウからインディカー・シリーズに参戦したアレックス・パロウ