フォルクスワーゲン・グループ、自動運転技術開発におけるマイクロソフトとの提携を強化

フォルクスワーゲン・グループ、自動運転技術開発におけるマイクロソフトとの提携を強化

マイクロソフトのクラウドサービスを活用

フォルクスワーゲン・グループは、自動運転関連技術の開発能力をさらに強化すべく、マイクロソフト(Microsoft)との提携強化を発表した。

フォルクスワーゲン・グループのソフトウェア開発会社である「カーソフト・オーガナイゼーション(Car.Software Organisation)」は、マイクロソフトと共同で、同社が展開するクラウドサービス「Microsoft Azure」上に自動運転プラットフォーム(ADP)を構築。マイクロソフトが持つ高い演算能力とデータ分析能力を活用し、自動運転技術開発を促進。自動運転サービスの導入スピードをさらに向上させる。

フォルクスワーゲン・グループ、自動運転技術開発におけるマイクロソフトとの提携を強化

 

2018年から協力関係を構築してきた両社

ADPMicrosoft Azure上において稼働することでカーソフト・オーガナイゼーションは、フォルクスワーゲン・グループ全体の乗用車向け先進運転支援システム(ADAS)と自動運転機能の開発効率をさらに向上させることが可能になる。

フォルクスワーゲンとマイクロソフトは、2018年に「フォルクスワーゲン・オートモーティブ・クラウド」の戦略的パートナー契約を締結。今回の提携強化により、協力関係がさらに拡大することになった。カーソフト・オーガナイゼーションのディーク・ヒルゲンベルグCEOは、マイクロソフトとの提携強化について次のようにコメントした。

「将来的にフォルクスワーゲン・グループがデジタルモビリティの供給者へと変革するには、ソフトウェア開発の効率を継続的に向上させる必要があります。よりシンプルな開発環境を整えるために、今回、マイクロソフトと共同で自動運転プラットフォームを構築することになりました」

「我々が持つ自動運転やコネクテッドカー開発に関する専門知識と、マイクロソフトが持つクラウドやソフトウェア開発のノウハウを組み合わせることで、安全で快適なモビリティサービスの提供を加速させることができるでしょう」

マイクロソフトのクラウド/AI担当・上級副社長のスコット・ガスリーは「Microsoft Azureの能力やキャパシティ、様々な機能により、フォルクスワーゲンは安全で信頼性の高い自動運転技術をより早くカスタマーに提供できるようになるでしょう」と、付け加えている。