スペインの太陽、アウディQ2と兄弟「セアト アローナ」が大幅改良へ

■アーキテクチャには、VWグループの「MQB AO」プラットフォームを採用

スペインを代表する人気クロスオーバーSUV「セアト・アローナ」改良型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

セアト アローナ_005
セアト アローナ 改良型プロトタイプ

インドネシア語で「太陽を」意味するアローナは、2017年に初代となる現行モデルが発売され、ベストセラーとなっています。アーキテクチャには、VWグループの「MQB AO」プラットフォームを採用、アウディ「Q2」、VW「ポロ」などとの兄弟モデルでもあります。

セアト アローナ_008
セアト アローナ 改良型プロトタイプ

2019年には、フルデジタル化されたインストルメントクラスタや圧縮天然ガスエンジンが搭載された改良モデルが登場しており、現行型に2度目のテコ入れがなされます。

捉えたプロトタイプは、フロントバンパーからフロントガラス上部、さらに後部全体をカモフラージュしていますが、逆台形型の新しい下部メッシュグリル、バンパー両サイドの三角コーナーエアインテークなど、これまで見られなかった最終デザインが見てとれるほか、微調整された台形型テールパイプが装備されおり、異なるパワートレインのバリエーションがうかがえます。

さらに三角のLEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライト、テールライトのリフレッシュもなされるはずです。

パワートレインは、ターボガソリン、ディーゼル、圧縮天然ガスなど、強力なエンジンラインアップをキャリオーバーする一方、マイルドハイブリッドパワートレインの追加も噂されています。

インテリアでは、すでにフルデジタル化されたインストールクラスタを追加しており、インフォテインメントシステムのアップグレードも期待できるでしょう。

アローナ改良型は、アウディ「A1」とともに、スペインにあるMartorell工場で生産、2021年内にデビュー予定となってます。

(APOLLO)