【松田次生インタビュー】松下の加入に刺激を受け、2021年は「23号車で23勝目を手にしたい」

 今年、参戦22年目、そして相棒のロニー・クインタレッリと9年目のコンビでスーパーGTに参戦することになったMOTUL AUTECH GT-Rの松田次生。2月13日、オンラインで開催された日産自動車とニスモのモータースポーツファンイベント後、autosport webの取材に応えた。

* * * * * * * *

Q:シーズンオフのテストのまっただ中ですが、2021年型のニッサンGT-RニスモGT500に乗った手応えを教えてください。

「昨年の開幕前のオフシーズンテストでは制御系の問題があり、なかなか周回数が重ねられなかったのですが、今年は順調にプログラムを消化することができており、かなりいい手応えを感じています」

Q:コロナ禍でなかなか外出が厳しいなか、開幕に向けてどのように体調管理をしているのでしょうか?

「大勢の人がいるジムなどはそんなに行けませんので、今の状況でできるトレーニングメニューをトレーナーさんとたくさん相談して、個別でしっかりとトレーニングできる環境で身体のケアをしています」

Q:松田選手もシミュレーターをトレーニングに導入していたりするのでしょうか?

「僕はシミュレーターは基本的にやらないです。以前イベントで乗らせていただいたのですが、面白そうなシミュレーターもあるので、またどこかで乗れる機会があれば乗ってみたいなと感じました」

Q:今年の目標、またはどんなシーズンにしたいか、抱負をお聞かせください。

「去年、GT500はクラス1規定のマシンになって、かなりの接戦が展開されました。その接戦のなかで今年もうまくポイントを獲って、勝っていかないといけないので、1年を通してしっかりと戦っていきたいですね。僕としては次勝てば通算勝利数が23勝になるので、23号車で23勝目を手にしたいというのがまずひとつの目標です。そして大きな目標としては、やはりシリーズタイトルを獲りたいです」

Q:2021年のマシン、そしてニッサン陣営として今年に懸けて一番期待できるのはどのようなポイントになりますか?

「基本的にGT-Rはダウンフォースが結構あるクルマなので、鈴鹿や、今シーズン復活するオートポリスなどのテクニカルなコースで強さを発揮できると思います。そこでしっかりと優勝し、サクセスウエイトなどの調整もうまくやりながら、戦っていきたいと思います」

Q:TEAM IMPUL時代を含めて9年目を迎えるロニー・クインタレッリ選手とのコンビで2021年、何か新しく目指すものや、ふたりで取り組む方法の違いなどがありましたら教えてください。

「ロニー選手とは長いシーズンを共にしていますが、お互いに相乗効果を狙ってそれぞれトレーニングや普段の生活を送ってきています。そういった意味では毎年、新しいことを続けてきている感じですね。それを変わらず僕も続けていきたいというのは僕のスタンスとしてあります。引き続き、お互いに進化していきたいです」

Q:具体的に、何かふたりで新しく取り組んでいることなどはあるのでしょうか?

「それは、あまりないですね。本当にお互いに個々でやっているので。僕は僕で自分を伸ばす方向で独自に取り組んでいますし、おそらく彼は彼で何かしらの取り組みを行っていると思います。お互い信頼関係があるので、いざ『これをふたりで一緒にやろう』ということはないですね」

通算で9年もコンビを組んでいると“阿吽の呼吸で”といった感じですね。

「そうですね。そこが一番重要だと思います」

Q:ベテランの松田選手として、GT500でドライバーのスキルとして向上しているのはどのような部分になりますか?

「僕自身、今の自分が完璧だというのはあまり好きじゃないので、常にドライビングを研究してどんどん速さを磨きたいというのがあります。今年、松下信治選手がTEAM IMPULに加入したように、若手選手がGT500クラスに上がってきているので、彼らのドライビングスタイルを研究して、自分のなかに取り入れていくことも大事だと思っています。日々常に向上心を持って、速くなれる部分があるのであれば、それを少しでも多く取り入れていきたいですね」

「2020年シーズンはうまく、いいスタイルで走ることができ、またひとつレベルアップができました。2021年も新しい風を入れながら、自分のスキルアップができるようになれば必ず勝てると思うので、そこを目指してやっていきたいなと思っています」

* * * * * * * *

 2020年シーズンは鈴鹿サーキットで開催された第3戦、第6戦で勝利を上げた23号車MOTUL AUTECH GT-R。2021年シーズン、6つのコースで開催される全8戦のなか、松田の通算勝利数を伸ばす23勝目はどのラウンドで達成されることになるのだろうか。ベテランながらも、日々向上心を絶やさない松田次生の、さらに磨きがかかった走りを第1戦岡山から楽しみにしたいところだ。

MOTUL AUTECH GT-R
MOTUL AUTECH GT-R
NISMOの松田次生/ロニー・クインタレッリ
NISMOの松田次生/ロニー・クインタレッリ