アストンマーティンF1、2021年型新車発表会を3月3日に開催。ベッテルも登場

 アストンマーティンF1チームは、3月3日15時GMT(日本時間4日0時)に、2021年型マシンのバーチャルローンチイベントを開催することを発表した。

 昨年までレーシングポイントとして活動してきたチームが、2021年、アストンマーティンに名称を変更して新たなスタートを切る。アストンマーティンは、ランス・ストロールの新たなチームメイトとして4度のF1チャンピオン、セバスチャン・ベッテルと契約、発表会当日にはベッテルが新たなウェアを身に着けた姿が公開されるはずだ。

アストンマーティンF1のファクトリーを訪れ、シート合わせを行うセバスチャン・ベッテル
アストンマーティンF1のファクトリーを訪れ、シート合わせを行うセバスチャン・ベッテル

 アストンマーティンチームがF1に参戦するのは1960年以来のこととなる。レーシングポイント時代に続きメルセデス製パワーユニット(PU/エンジン)を搭載する同チームは、昨年のコンストラクターズ選手権4位以上のポジションを狙い、シーズンへの準備を進めている。