「エコカーだってスポーティに!」プリウスPHV・GRスポーツ用の攻撃的エアロに注目【幻の東京オートサロン2021】

「エコカーだってスポーティに!」プリウスPHV・GRスポーツ用の攻撃的エアロに注目【幻の東京オートサロン2021】

排水処理にまで拘った新作エアロボンネットは必見

大胆でありながら純正に馴染むエアロスタイルを狙う!

スポーツカー、SUV、輸入車と、様々な車種向けのアイテムを開発する“ダックスガーデン”。そんな同社の新作がこのプリウスPHV GRスポーツだ。

プリウスPHVはエコカーイメージが強いモデルだが、そこは走りのグレード・GRスポーツ。標準で専用エアロやスポーツサスペンション、剛性アップパーツなどを備えた純然たる“走りのクルマ”だ。そんな素性の良さを生かしながら、よりエレガント&スポーティなスタイルを目指して製作されたのがこの車両が装着しているエアロキットだ。



GRスポーツ専用エアロに対応する今作は、フロント&リヤ&サイドのアンダースポイラーを軸に構成されている。シンプルなフラップ形状を採用し、より低く、スポーティに見えるデザインだ。気になる価格は、それぞれ5万2800円の設定となっている。

センターに2つのアウトレットダクトを有するエアロボンネットは最新作。マッシブながらノーマルボディに溶け込むデザインを意識した結果、ボンネットの高さは30mmアップ(前方部分)の設計となった。エンジンルーム内に雨水が侵入しないようデザインされている点も注目だ。価格は8万8000円だ。

リヤビューに華を添えるリヤウイングもオリジナルだ。サイドのシルエットやプレスライン、テールランプとのマッチングまで考慮し、異物感が出ないようにモデリング。LEDハイマウントストップランプ付き&車検対応品なので安心して装着できるところもありがたい。ちなみにGRスポーツのみならず、標準のプリウスPHVにも装着可能だ。

純正ホイール&サスペンションのままでローダウンを演出できるように開発されたオーバーフェンダーも必見。ワイド幅は車検対応の片側9mmで留めつつ、フェンダーアーチ中央部を約20mmダウン。これにより、タイヤとフェンダーの隙間を狭めて視覚的にシャコタンを演出しているのだ。このあたりは、ユーザーの意見を取り入れながら設計したそうだ。

ヘッドライトには個性的なガーニッシュを装備。ヘッドライト上部に貼り付けるガーニッシュと、ヘッドライト後方のフェンダーに貼り付けるガーニッシュの2ピース構成で、単体でもセットでも装着可能だ。

「プリウスPHV GRスポーツ用エアロボンネットは、大胆でありながら純正にも馴染むようなデザインに拘りました。大きなダクトが空いていますが、排水処理も考えて作っているので、エンジンルームに雨水が侵入することもないですよ!」とは、ダックスガーデンの有働さん。今後も積極的にパーツ開発を行っていくそうなので、プリウスオーナー達は注目されたし!

TEXT:三木宏章
PHOTO:金子信敏/土屋勇人

●取材協力:イバフル ダックスガーデン事業部 茨城県鉾田市烟田2339 TEL:0291-32-6478