【動画】マクラーレンF1、シルバーストンで新マシン『MCL35M』のシェイクダウンを実施

 2月16日(火)、マクラーレンF1チームは、イギリスのシルバーストン・サーキットで2021年型マシン『MCL35M』のシェイクダウンを行った。

 前日の15日にマクラーレン・テクノロジー・センター(MCT)で発表されたMCL35Mは、前年と同様にパパイヤイエローとブルーをベースにしたカラーリングのマシン。パワーユニットは、2021年シーズンよりルノーからメルセデスに変更となる。

 新車の発表時には16日にランド・ノリスとダニエル・リカルドがシェイクダウンを行うことが明らかになっていたが、フィルミングデーを利用してこの日最初にマシンに乗り込んだのはランド・ノリス。路面は濡れており、フルウエットタイヤを履いての走行となった。この後はダニエル・リカルドもMCL35Mをドライブする予定だ。