2月23日デビュー決定! 新型Cクラスの車内はまるでSクラス

■Sクラスより丸みを帯びた形状のグラフィックの新ヘッドライト公開

メルセデスベンツは、主力モデル「Cクラス」ファミリー次世代型を開発していますが、2月23日PM2時(現地時間)にオンラインでストリーミング配信されることが確定、そのティザーイメージが公開されました。

メルセデスベンツ Cクラス_003
メルセデスベンツ Cクラス ティザーイメージ

公開されたティザーイメージでは、刷新されたブーメラン型LEDデイタイムランニングライト、Sクラスより丸みを帯びた形状のグラフィックを備えるヘッドライトクラスタが確認できます。

メルセデスベンツ Cクラス_004
メルセデスベンツ Cクラス 次期型プロトタイプ

公式発表ではありませんが、2022年のCクラスファミリーは「セダン」「ステーションワゴン」、そしてリフトアップされた「オールテレーン」がラインアップされることになるでしょう。

それらすべては直列4気筒の電動パワートレインのみで発売。マイルドハイブリッドは下位バージョンに設定され、プラグインハイブリッドバージョンは上位モデルで提供されるといいます。

また、電気アシスト付きのガソリンエンジンとディーゼルエンジンの両方を発売することを計画しており、後者は欧州市場限定と予想されています。

ラインアップでは、新たに後輪駆動と全輪駆動のどちらかを選べる「C300」を設定、最高出力は250hpを発揮します。AMG「C63」は2.0リットル直列4気筒+電気モーターにより、最高出力は500hp以上が濃厚です。

コクピットでは、ダブレットのような大型タッチスクリーンディスプレイを備える第2世代MBUXインフォテイメントシステムを搭載、旗艦セダン「Sクラス」のインテイリアの雰囲気を反映することが確定しています。

(APOLLO)