ニュル24時間&NLS参戦のマンタイ・ポルシェにエストーレ、クリステンセンが復帰

 2018/19年のWEC世界耐久選手権GTEチャンピオンであるケビン・エストーレとマイケル・クリステンセンが、ニュルブルクリンク24時間レースとNLSニュルブルクリンク耐久シリーズに参戦する“名門”マンタイ・レーシングのドライバーラインアップに復帰することが分かった。

 ポルシェ使いとして知られるこのペアは、ドイツチームが走らせる蛍光グリーンとイエローの“Grello”カラーに彩られた911号車ポルシェ911 GT3 Rを、マッテオ・カイローリ、昨シーズンから継続起用された唯一のメンバーであるラース・カーンとシェアすることになる。

 過去にマンタイのメンバーとしてレースを戦ったエストーレとクリステンセンは2020年、フリカデッリ・レーシング・チームに移籍しNLSの3レースに参加した。
 
 しかし、彼らのニュル24時間レース参戦は、同年8月に延期されながらも開催に至ったWEC第7戦ル・マン24時間レースで、ポルシェグループ内に新型コロナウイルスの陽性者が確認されたことを理由に、同社がワークスドライバーを派遣する複数のチームに対しレースへの出場を見合わせるよう指示したため中止となっている。

 エストーレとクリステンセンはその後、2019/20年シーズンのWECでの選手権3位争いに集中。2021年シーズンに向けてはニール・ジャニがクリステンセンの後任として92号車ポルシェ911 RSRに乗ることになったため、これが彼にとって最後のGTE参戦となった。

 そのクリステンセンは今季、ポルシェワークスドライバーのリストから外れている。しかし、GT3カテゴリーでは引き続きポルシェがサポートするチームに加わり、ノルドシュライフェではふたたびエストーレと再開することになる。

 一方、エストーレはマンタイが運営するWECのポルシェチーム、ポルシェGTチームにも参加する予定だ。だが、これはフランス人ドライバーとチームにカレンダー上の問題が降りかかることを意味する。4月29日~5月1日にかけて開催されるWEC第2戦スパと、NLS第3戦が同週末に行われるためだ。

 さらにニュルブルクリンク24時間は今季のル・マン・テストデーの週末に開催が予定されており、シーズン後半にもスケジュールの競合が発生する。

マンタイ・レーシングの911号車ポルシェ911 GT3 R(マット・キャンベル/マシュー・ジャミネ/ラース・カーン組) 2020ニュルブルクリンク24時間レース
マンタイ・レーシングの911号車ポルシェ911 GT3 R(マット・キャンベル/マシュー・ジャミネ/ラース・カーン組) 2020ニュルブルクリンク24時間レース