謎のポルシェ911、全地形対応レベルの「サファリ」新型か?最新プロトタイプが変化!

■地上高がさらに上昇、リアナンバープレートが上部へ再配置

ポルシェ謎のハイライディング開発車両を再びカメラが捉えました。

ポルシェ 911サファリ_001
ポルシェ 911サファリ 開発車両

昨2020年10月にも酷似したプロトタイプを目撃しましたが、最新プロトタイプでは、地上高がさらに上昇、リアナンバープレートが上部へ再配置され、エキゾーストパイプを含むバンパーが異なっています。また、ホイールアーチに備えられていた発泡スチロールが外され、頑丈なホイールアーチを装備、より完成度が増している様子が伺えます。

ポルシェ 911サファリ_011
ポルシェ 911サファリ 開発車両

911サファリといえば、1970年〜1980年台にアフリカ・サファリラリーに参戦した伝説のラリー仕様「サファリ」が存在します。また、ポルシェが最後にサファリスタイルを製造したのは2012年の「911ビジョンサファリ」で、頑丈なホイールアーチとリフトアップされたボディ、ルーフにはライトバー、分厚いバンパーを装備し、インテリアは必要最低限に絞られ、ロールケージとバケットシートが備えられていました。

このプロトタイプが市販化されれば、911ビジョンサファリの実質的後継モデルとなるでしょう。

(APOLLO)