シモーナ・デ・シルベストロ、2015年以来の北米復帰。パレッタからインディ500参戦へ

 北米のインディカー・シリーズを筆頭に、F1でのテスト兼開発ドライバーも経験し、ABBフォーミュラE選手権やVASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカー(現RSC)でも活躍を演じたシモーナ・デ・シルベストロが、2015年以来のインディカー参戦を表明。シボレー陣営のパレッタ・オートスポーツから、自身6度目のインディ500参戦が決定した。

 VASCシリーズ最大の祭典で、世界的な名声を獲得する『バサースト1000』へのゲスト参戦を経て、2017年から当時ニッサン陣営のファクトリー支援チームだったケリー・レーシング(現ケリー・グローブ・レーシング)のシートを得てフル参戦を開始したスイス出身のシモーナだが、キャリア初の本格的“ハコ車2であるニッサン・アルティマを手なづけるのに苦心し、3年間でトップ10フィニッシュ3回の戦績に終わっていた。

 そのオーストラリア大陸でのツーリングカー選手権参戦を経て2020年は欧州シーンへと復帰し、現在ポルシェのファクトリー契約ドライバーを務めるシモーナは、2021年もその職務を継続するかたわら、女性代表のベス・パレッタ率いるパレッタ・オートスポーツから、名門チーム・ペンスキーのサポートを得た新たなプログラムの一部として、世界3大レースへの復帰を決めた。

「ここ数年は散発的なレース活動が続いてきたけれど、このレースで適切なショットを得るため、私はこの契約に向けて一生懸命に取り組んできた。ついにそれが実現したのは本当にエキサイティングなこと!」と、シリーズ公式サイトに語った16号車のシボレーをドライブする予定のシモーナ。

「数カ月前に(代表の)ベスから電話を受け、この機会について話を聞いた。文字どおりその1時間後には、Zoomでロジャー・ペンスキーや(ペンスキー・コーポレーション代表の)バド・デンカーと話し合いを持っていた。一連のことがこれほど迅速に起こったのは、本当に非現実的だったわ」と振り返ったシモーナ。

VASCでは、フォード・ファルコンFG-Xでの『バサースト1000』ワイルドカード参戦に続き、ニッサン・アルティマで3シーズンを戦った
2020年からポルシェと契約を結び、同社史上初の女性ファクトリードライバーに就任。eシリーズにも数多く参加した

■「多くの異なるマシンに乗ってきた経験が、今回のチャレンジでも大いに役立つと思う」とシモーナ

 参戦発表直後のSNSで最初に彼女を祝福したのは、VASC時代に戦った仲でもあるシリーズ3連覇王者のスコット・マクラフランで、豪州ではDJR・チーム・ペンスキーで無敵の強さを発揮した実績を買われ、2021年は北米大陸で本格的なインディカー・デビューを予定する。

 そのマクラフランは、彼女にとって「これは最高にクールで素晴らしい機会」だと語り、今度はチームメイトとして再び彼女と戦えることを「楽しみにしている」と綴った。

 インディカーでは2010年からの5シーズンで68戦に出走し、史上3人目の女性ポディウム・フィニッシャーとなったシモーナに対し、2017年と2019年にインディカー王者に輝いたジョセフ・ニューガーデンも「彼女は大いなる才能の持ち主だ」と称え、「僕のキャリアは彼女の代役でチャンスを得た。その彼女が仲間として戻ってきてくれるのは本当にうれしい」と語り、前出のマクラフラン、ウィル・パワー、シモン・パジェノーのラインアップで戦う、5月30日のインディ500に向け期待を込めた。

 現在32歳を迎えたシモーナ自身も、過去5年間の経験により「さらにバランスの取れたドライバーに成長したと思う」と意気込む。

「少し歳を重ねたことによって、写真写りもちょっと変わってきたとは思うけれど(笑)、それと同時にマシンの中でより速さを追求するために何が必要かを、より深く理解できるようになっていると思う」と続けたシモーナ。

「最終的に多くの異なるカテゴリーのマシンをドライブしてきたことは、とても幸運なことだったと思う。その経験は今回のチャレンジでも大いに役立つと思っている」

Paretta Autosport(パレッタ・オートスポーツ)の16号車は名門Team Penske(チーム・ペンスキー)のサポートを受ける
Paretta Autosport(パレッタ・オートスポーツ)を率いる女性代表のベス・パレッタ