ホンダのマルク・マルケス、2度目の検査で骨折した右腕が順調に回復していることを確認/MotoGP

 2月12日、ロードレース世界選手権のMotoGPクラスに参戦しているレプソル・ホンダ・チームは、2020年12月3日に3度目の手術を受けたマルク・マルケスの右腕の状態が良好であることを発表した。

 昨年の7月19日に開催された2020年MotoGP第2戦スペインGPの決勝で転倒を喫した際に、右上腕骨を骨折したマルケス。7月21日に骨折部を固定する手術を受けたが、メディカルチェックを通過して第3戦アンダルシアGPの予選日の走行に挑み決勝は欠場した。

2020年MotoGP第9戦カタルーニャGPに訪れた マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)
2020年MotoGP第9戦カタルーニャGPに訪れた マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)

 8月3日には固定に使用したチタンプレートがダメージを受けていたことが判明したため、2度目の手術でプレートを交換。その後はリハビリに専念したが、骨の再生が止まる偽関節の症状が出たため12月3日に腸骨の移植と新たなプレートの配置を行う3度目の手術を受けた。

 術後6週間が経過した1月14日には回復具合についての診断を受けており、レントゲン写真では経過良好が確認され、抗生物質治療を継続し、機能回復プログラムを実施した。

 そして、偽関節の手術から10週間後となる今回、スペインのマドリード市内にあるルーベル国際病院を再度訪れて、右腕の状態が良好であることが確認された。

 数名の医師がマルケスを診断しており、プレスリリースで「レントゲン写真から骨の強化が進み、好ましい臨床状況に満足している。今後、数週間の間に、マルケスは手術した右腕の機能回復のプロセスを着実に進めることができるだろう」とチームは説明した。

 マルケスは1月20日にトレーニングを再開しており、2月10日には2月22日に行われるレプソル・ホンダ・チームのローンチイベントに使用する写真の撮影のためにレーシングスーツを身にまとった。2021年初走行となる3月6~7日と10~12日のカタールMotoGPオフィシャルテストまたは3月26~28日に開催されるMotoGP第1戦カタールでの走行は叶うだろうか。