レッドブルF1、2022年からのパワーユニット運営に向け『レッドブル・パワートレインズ』を設立へ

 レッドブルの希望がかない、F1コミッションにおいて、2022年から3シーズン、パワーユニット(PU/エンジン)の開発を凍結することで合意がなされた。これにより、2021年末でホンダがF1活動を終了した後、レッドブルがそのパワーユニットを引き継いで2022年以降も使い続けるための条件が整ったことになる。

 ホンダが去った後もレッドブル・レーシングがトップチームのポジションにとどまるためには、ホンダのパワーユニットの知的財産権を取得し、さらに2022年からパワーユニット開発が凍結される規則が定められる必要があると、レッドブルは考えた。レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは、パワーユニットを自社で製造しメンテナンスすることはできても、開発を進めることは技術的にも予算的にも不可能であると説明していた。

 ホンダとの交渉はうまく進めることができたとみられているが、開発凍結についてはフェラーリとルノーの同意がなかなか得られず、レッドブルはプランを進行させることができずにいた。しかし2月11日のF1コミッション会合において投票が行われた結果、2022年初めから2024年末までパワーユニット開発が凍結されることで合意がなされた。次世代パワーユニットは2025年に導入される予定だ。

 マルコは当然のことながら、2022年からのパワーユニット開発凍結が内定したことを喜んでいる。

「我々だけでなく、F1全体にとっていいニュースだと思う。大きなコスト要因が削減される」とマルコはドイツのメディアに対してコメントした。

 マルコは、パワーユニットプログラムを運営するために『レッドブル・パワートレインズ』を立ち上げ、レッドブルのミルトン・キーンズのファクトリーに位置する『ビルディング8』をその拠点とするというプランを明らかにした。

「我々が所有する既存の建物のひとつである『ビルディング8』をエンジンファクトリーへと変更する」とマルコはコメントしている。

レッドブル・レーシングのファクトリー
レッドブル・レーシングのファクトリー

 ミルトン・キーンズにあるホンダのファクトリーを買収しない理由については、同ファクトリーは内燃エンジンよりハイブリッドテクノロジーを対象とした施設であると、マルコは説明した。

「ホンダのファクトリーは、電気モーターを主な対象としている。エンジンの最適化を行うための最新のテストベンチもなく、十分な設備がない」

「建物とテストベンチへの投資は必要でも、それは一度限りのことだ。計算を行った結果、ランニングコストは、エンジンを他から購入する場合と比べて、大幅に高くはならない。確かにコストは高くはなるが、差額が極めて大きいというわけではないのだ」

 レッドブルが2022年から使用するパワーユニットを単純に『レッドブル』と呼ぶのか、商業パートナーと契約してその名称を使用するのかは、まだ未定だ。レッドブルは2016年から2018年にはルノーのパワーユニットをタグ・ホイヤーの名称で使用していた。

 他の自動車メーカーとの契約はホンダが許可しないものとみられるが、石油会社など他分野の企業とネーミングライツ契約を結べば、レッドブルはパワーユニットプロジェクトのための資金をいくらかは得ることができる。

 レッドブルは、そのパワーユニットを他チームに売って利益を得ることは考えておらず、ホンダから引き継いだパワーユニットはレッドブル・レーシングとアルファタウリのみで使用する。

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第14戦トルコGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)