【スマホじゃダメ!?】実は売れてる最新の大画面ナビを連載でチェック【第4回】カロッツェリア・サイバーナビ

トップランナーならではの
誰も追いつけないオンデマンド機能


carrozzeria/CYBER NAVI
カロッツェリア/サイバーナビAVIC-CQ911-DC


9V型/インダッシュ/汎用
9V型HD/TV/DVD/CD/Bluetooth/USB/SD・チューナー・AV一体型メモリーナビゲーション
ネットワークスティックセット

カーナビ 大画面ナビ パイオニア カロッツェリア サイバーナビ ネットワーク CQ911
インダッシュの汎用型としては最大の9V型。前面部分の寸法はフローティングタイプなど他機種よりも小さく、幅227mm×高さ127mm。

全てにおいてトップを走り続ける至高の1台
1997年に業界初となるDVDをメディアとしたモデルを世に送り出したのがサイバーナビ。その後もフロントランナーとして常に最先端の技術や提案を盛り込んできた。

圧倒的な情報量を誇る「スマートループ渋滞情報」など早い時期から通信を活用してきたサイバーナビだが、2019年モデルからNTTドコモの車内向けインターネット接続サービスである「docomo in Car Connect」へ対応することで車内で簡単にWi-Fiスポット環境を構築できるようになった。

走行中も安定したLTE通信環境により動画や音楽配信サービスを利用したり、メールやweb会議など昨今注目のテレワークにも対応している。料金プランは3種類設定されるが、どれも通信量は制限なく利用できる点が圧倒的なメリットと言える。

9V型モデルのディスプレイはもちろん高精細なHDパネルを採用。視野角が広く、フラットなデザインや映像ソースからの伝達経路をフルデジタル化することで画質を落とすことなく鮮明に表示する。

●AVIC-CQ911-DCの実力は?●


「【スマホじゃダメ!?】実は売れてる最新の大画面ナビを連載でチェック【第4回】カロッツェリア・サイバーナビ」の1枚めの画像●ナビ性能〜オプションで先進運転支援も!〜
今では当たり前になりつつある先進運転支援。サイバーナビは別売のマルチドライブアシストユニット「ND-MA2」を装着することで前走車との車間距離アシストや接近警告を表示と警告音で知らせる。

●最新型の注目ポイント!●


「【スマホじゃダメ!?】実は売れてる最新の大画面ナビを連載でチェック【第4回】カロッツェリア・サイバーナビ」の1枚めの画像Wi-Fiスポット構築から動画視聴までを実現〜ドコモのインターネットサービス「docomo in Car Connect」に対応。通信量を気にせず定額でネット接続が楽しめる(24時間:500円〜365日:1万2000円[税抜])。

【PARTS SPECIFICATION】
■画面サイズ:9V型HD■地上デジタルTVチューナー:地上デジタル放送方式(日本)(ワンセグ対応)■VICS WIDE対応:○■Bluetooth:○■DVD/CD:○■ナビ連携型ドライブレコーダー:VREC-DS800DC、VREC-DS600■地図更新:最大3年分無料(自動地図更新機能搭載)■発売日:2020年11月■価格:オープン

問:パイオニアカスタマーサポートセンター 0120-944-111
https://jpn.pioneer/ja/carrozzeria/

スタイルワゴン2021年2月号より


[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]