スポーツPHEVクーペ「ポールスター 1」、最終ロットの予約受付をスタート

スポーツPHEVクーペ「ポールスター 1」、最終ロットの予約受付をスタート

POLESTAR 1

ポールスター 1

ポールスターのブランド立ち上げモデル

ボルボ傘下の電動パフォーマンスブランドとして誕生した「ポールスター(Polestar)」が、プラグインハイブリッドスポーツクーペ「ポールスター 1」の最終生産ロットの予約をスタートした。中国・成都の専用工場で製造されているポールスター1は、2021年末をもって生産完了の予定となっている。

2019年にデビューしたポールスター 1は、ポールスターブランドの中心的存在であり、ブランドを立ち上げた車種。北欧らしいクリーンでシャープなデザインに、ボルボが誇る最先端プラグインハイブリッド・テクノロジーを組み合わせた美しいグランツーリスモだ。

2021年で製造終了するPHEVクーペ「ポールスター1」

 

公式サイトで予約オーダーを受付中

ポールスター 1はフロントに2.0リッター直列4気筒スーパーチャージャー&ターボエンジン、リヤアクスルに2基の電気モーターを搭載。最高システム出力609ps、最大トルク1000Nmという圧倒的なパフォーマンスを発揮する。カーボンファイバー製ボディ、6ピストン・曙製ブレーキ、オーリンズ製デュアル・フローバルブダンパーにより、優れたハンドリングも実現した。

34kWhの大容量バッテリーを採用したことで、EVモードではハイブリッドモデルとしては最長となる124km(WLTP)もの航続距離を確保。フルEVとして日常使いができるPHEVとして高い人気を集めている。

ポールスター 1の最終ロットに関しては、現在ポールスター公式サイト(Polestar.com)において予約を受付中。ポールスター販売地域(日本は含まず)ではショールームの「ポールスター・スペース」において、試乗なども可能となっている。