ニッサン/ニスモ、2021年のスーパーGT GT300クラス参戦チームのラインアップを発表

 2月13日、日産自動車とニスモはモータースポーツファンイベントをオンラインで開催したが、このなかで2021年のスーパーGT GT300クラスにニッサンGT-RニスモGT3で参戦するチーム、GT3オフィシャルパートナーチームのドライバーラインアップを発表した。2021年は5台のGT-Rが参戦する。

 日本車のGT3カーの先駆けと言える存在であり、日本で多くのユーザーに愛用されているニッサンGT-RニスモGT3。2020年は藤波清斗とジョアオ・パオロ・デ・オリベイラがドライブしたリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rが激戦を制し、GT300クラスのチャンピオンを獲得した。

 2021年に向けては、2月13日に行われたモータースポーツファンイベントのなかで、カスタマーレーシング・プログラムについても発表されたが、このなかでGT3オフィシャルパートナーチームであるGAINERから2021年も引き続き2台、同じくKONDO RACINGから1台のGT-Rが参戦し、NILZZ Racing、RUNUPからも1台ずつ、合計5台がGT300クラスに参戦することが発表された。

 そのうち、GT3オフィシャルパートナーチームのGAINER、KONDO RACINGについては、ドライバーラインアップとタイヤも明らかにされた。まずチャンピオンのKONDO RACINGは、2021年も日産自動車大学校の学生や販売会社のテクニカルスタッフが参加する、レース活動を通じた人材育成プロジェクト『NISSAN MECHANIC CHALLENGE』を継続し、藤波とオリベイラがドライブする。タイヤは継続してヨコハマだ。

 一方、GAINERは2021年も2台のGT-Rを走らせ、11号車は平中克幸と安田裕信、10号車は星野一樹と石川京侍がドライブすることは変わらないが、新たに11号車に加え、10号車もダンロップタイヤを装着することになった。2台が完全に同じパッケージで挑むことになる。また、モータースポーツファンイベントのなかでは、NILZZ RACINGは田中優暉と飯田太陽のコンビが、またRUNUPは青木孝行、田中篤、さらにスーパー耐久でさまざまな実績を残してきた内田優大の名が発表されている。

 なおスーパー耐久では、ST-XクラスにMP RacingとDAISHIN/GTNETが参戦。ST-3クラスには、OKABEJIDOSHA motorsportとMax Racing からフェアレディZニスモRCが出場を予定している。

スーパーGT GT300クラス
ニッサンGT-RニスモGT3 GT3オフィシャルパートナーチーム

No Team Director Driver Car Name Tyre
10 GAINER 藤井一三 星野一樹/石川京侍 GAINER TANAX with IMPUL GT-R DL
11 GAINER 藤井一三 平中克幸/安田裕信 GAINER TANAX GT-R DL
56 KONDO RACING 近藤真彦 藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ リアライズ日産自動車大学校 GT-R  YH