805馬力のメルセデス「AMG GT 73e」市販型、市場で最速の4ドアクーペになる!

■4L・V8ツインターボエンジンで0-100km/h加速3秒以下

メルセデス・ベンツは、高性能4ドアクーペ「AMG GT4ドアクーペ」改良型を開発していますが、その頂点に君臨する「AMG GT 73e」市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

メルセデス AMG GT73e_001
メルセデス AMG GT73e 市販型プロトタイプ

AMG GT 4ドアクーペは2018年3月のジュネーブモーターショーで初公開され、翌2019年に発売されました。

現在「AMG GT 43 4MATIC+」「AMG GT 53 4MATIC+」「AMG GT 63 4MATIC+」「AMG GT 63 S 4MATIC+」がラインアップされており、GT 73eがハイエンドモデルとして設定されることになります。

メルセデス AMG GT73e_012
メルセデス AMG GT73e 市販型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは右側テールライトの下に充電ポートを装備、バッテリーパックの容量の詳細は不明ですが、電力だけで約31マイル(50km)の航続を可能にします。

改良型では、主にフロントバンパーとリアバンパーに焦点を当ててデザインが刷新され、キャビン内ではインフォテインメントシステムをアップデートするほか、トリムとカラーオプションの追加がなされると予想されます。

最大の注目はそのパワートレインです。その心臓部には、AMGお馴染みの4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンのハイブリッドアシストバージョンが搭載され、最高出力は「AMG 63S」の630psを大きく超える805psを叩き出します。

ハイブリッドコンポーネントという重量ハンディがあるものの、AMG GT 73eは市場で最も加速の速い4ドアクーペの1つになると予想されており、0-100km/h加速は3秒以下になる可能性があるといいます。

AMG 73eのワールドプレミアは2021年内。このパワートレインが、Sクラスや次世代SLクラスなどの他のメルセデスモデルにも設定されることが期待されています。

(APOLLO)