「伝説のラリー・モンテカルロ仕様を現行ミニで表現!」ラッピングやルーフバスケットが醸し出す当時感【幻の東京オートサロン2021】

「伝説のラリー・モンテカルロ仕様を現行ミニで表現!」ラッピングやルーフバスケットが醸し出す当時感【幻の東京オートサロン2021】

セレクトショップらしいパーツチョイスがオシャレ!

1967年3度目の優勝を飾ったスタイルを今風にアレンジ

「ユーロスタイルをもっと日常に。」をコンセプトに、彩りのあるカスタマイズを提案しつづける埼玉県のセレクトショップ“リーフオートカスタム”。そんな気鋭ショップが、1967年のラリー・モンテカルロで優勝を飾った伝説的ローバーミニをイメージして製作したのが、この第3世代ミニ・クーパーSだ。


ボディカラーやステッカー、ルーフバスケットなど、現代のアイテムを使いながら当時感を演出。ちなみに、ユニオンジャックのテールランプはリーフオートカスタムのオリジナル製品だ。

フェンダーはシボを削り、艶ありブラックでペイント。これは、実際のラリーモンテカルロ仕様が採用していた、スチール製オーバーフェンダーの雰囲気を再現するためのカスタムだ。

無骨なデザインのホイールは、OZのラリーレーシング(8J+35)。サスペンションは、KWブランドの中でもリーズナブルにローダウンが楽しめるSTサスペンションをチョイスしている。

4灯フォグランプもラリーカーには欠かせないアイテムのひとつ。ミニのロゴが入ったデザインはラリーカー特有の泥臭さもなく、セレクトショップらしいセンスを感じさせてくれる。レーシーなフロントアンダースポイラーは、ネクストイノベーションの製品だ。

そしてルーフバスケット。実はF56型クーパーSに適合する製品は発売されていない。そこでリーフオートカスタムでは、ルーフ形状が近い他車種用のスーリー製ルーフキャリア&バスケットを加工装着。さらに、バスケット部をホワイトに塗り直してレトロモダンに仕上げた。ユニオンジャックのルーフラッピングはカバナ製だ。

エキゾーストマフラーはバスタック製をインストール。F56用としては国内初で、リーフオートカスタムではバスタック社製マフラーの正規代理店として販売も行っていくそうだ。



インテリアはカバナの製品でコーディネイト。ユニオンジャック柄が可愛いラゲッジフロアマットも同社のアイテムだ。

伝説の名車をリスペクトしながら、現代のカスタム手法やパーツによって仕上げられたネオレトロ仕様。スペシャルアイテムを使わずにユーザー目線で仕上げられている点も、大きな魅力と言えるだろう。

TEXT:三木宏章
PHOTO:金子信敏/三木宏章

●取材協力:リーフオート 埼玉県北葛飾郡杉戸町大島104 TEL:0480-53-9040