「令和に相応しい現代版S30Zの勇姿」快適にL28改3.2Lフルチューンを味わえる!【幻の東京オートサロン2021】

「令和に相応しい現代版S30Zの勇姿」快適にL28改3.2Lフルチューンを味わえる!【幻の東京オートサロン2021】

快適装備満載で筑波1分1秒台をマークする実力!

心臓部は380馬力のL28改3.2Lメカチューンユニット

“復活製作販売”をキーワードに、どこにも負けない本格的レストアとL型エンジンチューンに徹底的に拘ってきた“スターロード”。鮮やかなオレンジパーツで彩られたこのS30Zは、そんな老舗の代表作。国内はもちろん、海外のZフリークからの人気も高い超メジャーマシンだ。

普段乗りもストレスなくこなせて、サーキット走行も不安なく楽しめる。そんなオールマイティな仕上がりになっているのも見所だ。軽量化どころかGTウイングすら装着していないにも関わらず、筑波サーキットのベストタイムは1分1秒台を記録している。

光り輝くエンジンは、89φ鍛造ピストン、I断面ナローコンロッド、86mmストロークのフルカウンタークランクを組み込んだL28改3.2Lフルチューン仕様。NAながら最高出力は380psに達しているというから恐れ入る。

キャブレターはφ50ソレックスで、フューエルデリバリーも美しく作り込まれる。排気系はステンレス製の等長タコ足や80φマフラーが装着されており、回転を高めれば高めるほど官能的で刺激的なサウンドが楽しめる。

オリジナルの雰囲気を尊重したコクピットメイクも流石の一言。メーターはデフィのリンク式をインストールし、LEDによる透過照明がS30の有機的なコンソールデザインと調和する。電動パワステやエアコンも完備する超快適仕様だ。

シートはブリッドのセミバケ、ガイアス2に交換。車内には防音、防振処理が施されており、旧車にありがちな不快なきしみ音もしない。走行中も会話を楽しむことができるし、運転していて古さを全く感じさせない作り込みが拘りだ。

エクステリアはスターロードのFighterボディキットでフル武装。バンパーレス風の一体型リヤエプロンは、燃料タンクを覆うような形状のデザインを追求した自信作とのこと。

オリジナルホイールのグロースターは前後とも15インチでフロント9Jマイナス53、リヤ12Jマイナス60という超ディープリム仕様。これに合わせて製作したというオーバーフェンダーにより、全幅は1860mmまで拡大される。

サスペンションはスターロードオリジナル車高調(F8kg/mm R6kg/mm)。ブレーキはオリジナルのキットを用いてフロントにR32スカイライン用、リヤにS14シルビア用の純正キャリパーを流用しつつ、ビッグキャリパー化を行うことで制動力の強化を図る。

パワースペックこそ”当時モノ”であるが、現行車との走りにも十分通用する高いクオリティ。これこそが、スターロードの提案する最新の旧車カスタムというわけだ。

●取材協力:スターロード 東京都江戸川区北小岩8-23-1 TEL:03-5668-5675