内装もスゴイっ!【日産・キューブ】ひな人形風カスタマイズを施した走る桃の節句!【幻の東京オートサロン出展車】

未来の自動車業界を担う学生たちが
鴻巣市とタッグを組み半年かけて製作


KANTO Industrial College/CUBE
関東工業自動車大学校/キューブ(Z12系)


Z12 キューブ 関東工業 自動車大学校 カスタム 卒業

整備や板金塗装など、クルマ関係の仕事に欠かせない技術や資格を習得できる関東工業自動車大学校。その学生たちが製作したキューブは、学校の所在地である埼玉県鴻巣市がバックアップ。

鴻巣市といえばひな人形の生産で知られるが、学生たちは実習や座学で得た経験を生かしてひな人形を連想させる大胆かつ繊細なカスタマイズを実施。塗装などの板金作業は車体整備科4名、エンジンや足まわりなどのメンテナンスは二級整備科5名が担当。今後このキューブは車検を取得し、市のイベントに出展するなど積極的に地元のPR活動を行う予定だ。

クルマの仕様を見てみると、まず驚かされるのがカラーリング。右側がお殿様、左側がお姫様の着物をイメージして左右非対称となっているのが最大の特徴。あまりにも模様が繊細なのでラッピングシートを貼っているのかと思いきや、何と塗装で仕上げたというからさらにビックリ。

塗装よりも複雑な色分けの作業が大変で、マスキングシートを貼って剥がし、貼っては剥がしと気が遠くなりそうな作業にも負けず完成させた。

内装もペイントで女雛の十二単を再現したほか、鴻巣市から提供して頂いた着物の生地を使ってシートを張り替え。ラゲッジルームには同じく鴻巣市が生産したひな人形一式をディスプレイ。徹底的なカスタマイズにより、ひな人形の美しさを一層際立たせている。

ホイールはレイズ・グラムライツ57C6タイムアタックエディション、タイヤはトーヨー・ナノエナジー3プラスをセット。足元を華やかに決めた。


「内装もスゴイっ!【日産・キューブ】ひな人形風カスタマイズを施した走る桃の節句!【幻の東京オートサロン出展車】」の1枚めの画像エアブラシでリアルに描かれた満開の梅の花。右は紅梅、左は白梅と色を変えているのがポイント。ドアノブの木目もエアブラシで表現している。

ひな人形に使われる生地で張り替えたシート。こちらは業者に依頼した。生地の糸が切れないように、かなり気を使って乗り降りしているとか。


「内装もスゴイっ!【日産・キューブ】ひな人形風カスタマイズを施した走る桃の節句!【幻の東京オートサロン出展車】」の1枚めの画像


「内装もスゴイっ!【日産・キューブ】ひな人形風カスタマイズを施した走る桃の節句!【幻の東京オートサロン出展車】」の1枚めの画像

問:関東工業自動車大学校 048-596-3555
https://kanto-koudai.com

(スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_岩田直人)