TOYOTA GAZOO Racing、2021年TGRドライバー・チャレンジ・プログラムの内容を発表

 2月12日、TOYOTA GAZOO Racingは2021年のモータースポーツ活動について、すでにWRC世界ラリー選手権やWEC世界耐久選手権、スーパーGT、全日本スーパーフォーミュラ選手権等発表済みの内容に加えた活動内容を発表した。このなかで、2020年からTGRドライバー・チャレンジ・プログラムとして展開されているドライバー育成について発表した。

 これまでT.D.Pなど、フィールドによって分かれていたTOYOTA GAZOO Racingのドライバー育成プログラムは、2020年からTGRドライバー・チャレンジ・プログラムとして展開されてきた。このなかで、TGR WRCチャレンジプログラム、TGR WECチャレンジプログラム、そして国内外のトップカテゴリーで活躍できるレーシングドライバー、ラリードライバーの育成を目的としたTGR-DCという3本の柱が用意された。

 2021年に向けては、海外ではTGR WRCチャレンジプログラムとして、既報のとおり勝田貴元がWRC全戦にヤリスWRCで参戦する。ただ、TGR WECチャレンジプログラムでは、新型コロナウイルスの影響を考慮しプログラムをいったん休止。WECのLMP2クラスに参戦していた山下健太は、国内レースに専念することになった。

 一方、TGR-DCでは、2020年はTGR-DC育成ドライバーが3人決定した。まず、2020年に念願の全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のチャンピオンを獲得した宮田莉朋は、既報のとおりスーパーGT GT500クラスと全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦する。

 またスーパーフォーミュラ・ライツでは、トムスから2021年にフル参戦3年目を迎える小高一斗と、2020年のFIA-F4でチャンピオンを獲得した平良響が参戦することになった。小高にとっては勝負の年、そして平良にとっては初めてのスーパーフォーミュラ・ライツでどんなスピードをみせるかの一年となりそうだ。

 さらにTGR-DCレーシングスクールの開催、FIA-F4に参戦するドライバーの支援など、TGRドライバー・チャレンジ・プログラムではさまざまな活動を行っていく。

平良響(カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S)
平良響(カローラ中京 Kuo TEAM TOM’S)
宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM’S)
宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM’S)
WRC第1戦モンテカルロで自己最高位となる総合6位に入った勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)
WRC第1戦モンテカルロで自己最高位となる総合6位に入った勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)