メルセデスF1で9年目を迎えるハミルトン「成功を積み重ねていくのが楽しみ」多様性を促す活動も継続

 メルセデスAMGペトロナス・モータースポーツとの契約を更新し、2021年シーズンも同チームからF1に参戦することが決まったルイス・ハミルトンは、新しいシーズンに向けて、今後の成功を楽しみにしていると語った。

 2013年にメルセデスF1へ加入したハミルトンは、2020年までの8年間にドライバーズ選手権を6度制し、タイトル獲得回数ではミハエル・シューマッハーの持つ史上最多記録に並んだ。優勝回数では、通算95勝と歴代トップに立っている。

 そんなハミルトンは、新たにメルセデスと1年契約を締結。メルセデスとともにさらに成功を重ねていくことを目指すと、チームの公式サイトにコメントを寄せた。

「メルセデスのチームメイトとともに9シーズン目を迎えられることを嬉しく思っている。僕たちのチームは一緒に信じられないようなことを達成してきた。トラック内外で絶え間なく成長し、さらに成功を積み重ねていくことを楽しみにしている」

「それと同時に、将来の世代に向けてモータースポーツをより多様性のあるものにするために始めたこの旅を続けていくつもりだ。メルセデスがこの問題に取り組むという僕の呼びかけに非常に協力的であったことに感謝している」

「このスポーツにおける多様性と一体性に特化した財団を立ち上げることで、メルセデスがこの取り組みをさらに進めていくことを誇りに思う」

「僕は、僕たちが一緒に築いくことのできるものすべてに刺激を受けている。3月にトラックへ戻ることが待ちきれないよ」

2020年F1第14戦トルコGP表彰台 3位セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、優勝ルイス・ハミルトン(メルセデス)、2位セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
2020年F1第14戦トルコGP表彰台 3位セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、優勝ルイス・ハミルトン(メルセデス)、2位セルジオ・ペレス(レーシングポイント)

 一方チーム代表のトト・ウォルフは、自身が新型コロナウイルスに感染し隔離を行っていた間もハミルトンとの交渉を続けてきた。今回の契約締結についてウォルフは、時間はかかったが、次のステップへ進むためのプロジェクトを始めることになると述べた。

「我々は常にルイスと足並みをそろえてきた。だが2020年は非常に稀な1年を過ごしたことで、このプロセスを終えるのに時間がかかってしまった」

「我々はこの関係性をさらに1シーズン延長し、我々のスポーツにおいてより多様性を高めるという共通の責任を持って次のステップへ進むための長期的なプロジェクトを始めることを決定した」

「ルイスの戦績は、このスポーツ界がこれまでに見たことのない最高のものであり、彼は我々のブランドとパートナーにとって高く評価されたアンバサダーだ」

「メルセデスとルイスの物語は、過去8シーズンにわたって、スポーツの歴史に刻まれてきた。我々は競争を渇望しており、その歴史にもっとたくさんの章を追加していきたい」

2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGPで優勝したルイス・ハミルトンを祝福するトト・ウォルフ
2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGPで優勝したルイス・ハミルトンを祝福するトト・ウォルフ