ロータス、生産終了の『エリーゼ』『エキシージ』ファイナルエディションを3台限定発売

 ロータス・カーズは2月8日、ロータスブランドの象徴である『エリーゼ』『エキシージ』『エヴォーラ』の生産を2021年に終了するのに際し、これらモデルのパワーとパフォーマンスを向上させ、デザインのアップグレードを施した特別車“ファイナルエディション”を発売すると発表した。

 今回発表となった“ファイナルエディション”の世界リリースは3車種計5グレードの全5台となる。日本においては、エリーゼ スポーツ240(税込777万7000円)、エキシージ スポーツ390(税込1177万円)、エキシージ スポーツ420(税込1397万円)という3台のファイナルエディションが発売される一方、『エリーゼ カップ250ファイナルエディション』、『エキシージ カップ430ファイナルエディション』の国内導入予定はない。

 エリーゼ スポーツ240ファイナルエディションは、キャリブレーション改訂により23psのパワー増となり、エリーゼ スポーツ220の後継モデルとなる。ボディサイズは全長3800mm、全幅1720mm、全高1130mm、ホイールベース2300mmだ。

エリーゼ スポーツ 240 ファイナルエディションのエクステリア
エリーゼ スポーツ240ファイナルエディションのエクステリア

 エンジンは1.8リッタースーパーチャージャー+インタークーラー4気筒DOHCを搭載。最高出力243ps、最大トルク24.9kgmを発生する。排気量は1798cc。トランスミッションは6速MTを組み合わせ、0-100km加速は4.5秒、最高速度は237km/hをマークする。

 アルミホールは10スポークアンスラサイト軽量鍛造仕様を標準で装着。これはエリーゼスポーツ220が履く標準ホイールよりも1本あたり0.5kgも軽量となり、装着タイヤはヨコハマ・アドバンスポーツV105(フロント195/50R16、リヤ225/45R17)が奢られた。

 オプション装備には、カーボンフロントアクセスパネル、カーボンテールゲート、カーボンシルカバーなどのカーボンパネルのほか、リチウムイオンバッテリー、ポリカーボネート製リヤウインドウなどが用意され、さらなる軽量化も可能に。

 すべての軽量オプションを選択することにより、エリーゼ スポーツ240の重量を922kgから898kgまで減少させることができる。

 標準仕様からの変更点は、ふたつのスクリーンから選択できる新しいTFTデジタルダッシュボードだ。従来のダイヤルセットに加え、デジタル速度の読み取りとエンジン速度バーを備えたレースカースタイルとなる。

 ステアリングホイールも新デザインを採用。背の高いドライバーにも対応できるように、足元のクリアランスを作り出し、乗り降りをサポートするためにフラットボトムデザインタイプとなっている。

 外装色はスタンダート色やメタリック色のほかに、レーシンググリーン、ブラック、ナイトフォールブルー、エセックスブルー、カリプソレッドなどの“ヘリテージペイント”も用意されている。

エリーゼ スポーツ 240 ファイナルエディション
エリーゼ スポーツ240ファイナルエディション
エリーゼ スポーツ 240 ファイナルエディションのインテリア
エリーゼ スポーツ240ファイナルエディションのインテリア
エリーゼ スポーツ 240 ファイナルエディションのメーター
エリーゼ スポーツ240ファイナルエディションのメーター
エリーゼ スポーツ 240 ファイナルエディション
エリーゼ スポーツ240ファイナルエディション

■『エキシージ スポーツ420ファイナルエディション』はエキシージ最速モデルに

 エキシージシリーズは、エキシージ スポーツ390とエキシージ スポーツ420のふたつのファイナルエディションを設定。

 スポーツ390・ファイナルエディションのボディサイズは全長4080mm、全幅1800mm、全高1130mm、ホイールベース2370mmだ。

 エンジンはキャリブレーションを改訂したチャージクーリングを備えたEdelbrock製スーパーチャージャー6気筒DOHCを搭載。最高出力402ps、最大トルク42.8kgmを発生する。1138kgの車両重量との組み合わせにより、最高速度は277km/h、0-100km加速は3.8秒で到達する。

ロータスエキシージスポーツ 390 ファイナルエディション/ロータス エキシージ スポーツ 420 ファイナルエディション
ロータス・エキシージ スポーツ390ファイナルエディション/エキシージ スポーツ420ファイナルエディション

 車両外装における先進のエアロダイナミクスは慎重にバランスされており、リヤで70kg、フロントで45kg、最高速度において合計115kgのダウンフォースを発生する。

 足元には10スポークシルバー軽量鍛造アルミホイールとミシュラン・パイロットスポーツ4(フロント205/45ZR17、リヤ265/35ZR18)が装着される。

 外装色はエリーゼと同様に、レーシンググリーン、ブラック、ナイトフォールブルー、エセックスブルー、カリプソレッドなどの“ヘリテージペイント”も用意された。

ロータスエキシージスポーツ 390 ファイナルエディションのフロントシート
ロータス・エキシージ スポーツ390ファイナルエディションのフロントシート
ロータスエキシージスポーツ 390 ファイナルエディション
ロータス・エキシージ スポーツ390ファイナルエディション
ロータスエキシージスポーツ 390 ファイナルエディション
ロータス・エキシージ スポーツ390ファイナルエディション
ロータスエキシージスポーツ 390 ファイナルエディション
ロータス・エキシージ スポーツ390ファイナルエディション

 全長4080mm、全幅1800mm、全高1130mm、ホイールベースは2370mmとなるエキシージ スポーツ420ファイナルエディションは、10psのパワーアップを達成し、生産終了したエキシージ スポーツ410の実質的な後継モデルに。

 このスポーツ420はエキシージ最速モデルで最高速度は290km/h、0ー100km加速は3.4秒を達成。車両重量は1110kgだ。エンジンは最高出力は426ps、最大トルク43.5kgmを発生するスーパーチャージャー&インタークーラーのV6が搭載される。

 標準装備は調整可能なフロントとリヤのアイバッハ製アジャスタブルフロント/リヤアンチロールバー、ナイトロン製フロント/リヤ3ウエイアジャスタブルダンパー(24段階調整)、ドライバー選択式ESPモード(ドライブ/スポーツ/レース/オフ)など。

 足元は10スポークアンスラサイト軽量鍛造アルミホイールとミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2(フロント215/45ZR17、リヤ285/30 ZR18)を装着する。

 ブレーキ系統には、APレーシング製フロント/リヤ4ポッドブレーキキャリパー、APレーシング製2ピースJフックベンチレーテッドブレーキディスクを備える。熱容量が大きく食いつき感に優れたこのディスクは、摩耗粉がたまりにくく、安定したペダルタッチと大きな制動力を実現するという。

ロータス エキシージ スポーツ 420 ファイナルエディション
ロータス・エキシージ スポーツ420ファイナルエディション
ロータス・エキシージ スポーツ420ファイナルエディション
ロータス・エキシージ スポーツ420ファイナルエディション
ロータス エキシージ スポーツ 420 ファイナルエディションのフロントシート
ロータス・エキシージ スポーツ420ファイナルエディションのフロントシート
ロータス エキシージ スポーツ 420 ファイナルエディション
ロータス・エキシージ スポーツ420 ファイナルエディション