ミック・シューマッハーのF1初年度は学習の年。ハース代表「2年目には最大限の力を引き出したい」

 ハースF1チームのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、ルーキーであるミック・シューマッハーはF1デビューイヤーの1年目には学び、2年目のシーズンでパフォーマンスを向上させるという彼の通常のパターンを踏襲するだろうと予想している。

 7度のF1世界チャンピオン、ミハエル・シューマッハーの息子である21歳の彼は、2021年シーズンにF1に昇格し、伝説的な父親の後に続くことを目指している。しかしながら若いシューマッハーは期待を抑え、保守的なアプローチで仕事を覚えることで1年目の任務を果たそうと目標を設定している。これはシューマッハーがレースを始めて以来、彼の典型的な取り組み方となっている。

 シューマッハーは、このやり方によってFIAヨーロピアンF3とFIA-F2での2年目にタイトルを獲得している。これはまさにシュタイナーが期待していることだ。

「まだ彼とは仕事をしていない。それでも彼の結果を見てみると、最初のシーズンはいつも悪くはなかった。でも彼は常に2シーズン目に飛躍していた」とシュタイナーは『Motorsport-Total.com』に語った。

「なぜなら彼は、1年目のシーズンではよりうまくできることは何かを分析し、2年目にそれを実行するからだ。最初のシーズンで壁にぶつかる代わりにね」

「彼は最初のシーズンに力を見せないでいることにとても冷静でいる。ここに所属していることさえもだ。それこそがまさに私が目指していることだ」

「1年目は学びの年を過ごす。我々はそのことを分かっている。移行の年となるのだ。そして2年目には、ドライバーたちから最大限の力を引き出したいと思う」

2020年F1第17戦アブダビGP ミック・シューマッハー(ハース)
2020年F1第17戦アブダビGP ミック・シューマッハー(ハース)

 今年ハースでルーキーのニキータ・マゼピンとともにレースをするシューマッハーは、過去に力を発揮するのに時間をかけたことは、必ずしも彼のプランの一部ではなかったが、技術を習得するのに必要なすべての知識を自身に与える必要があると考えている。

「もちろん、常に2年間レースをすることがいつもの僕の目標というわけではない」とFIA-F2チャンピオンであるシューマッハーは語った。

「僕は常にすべてのことを知りたいと感じている。できる限りの情報を得るんだ」

「そうすれば、もしレースやエンジニアとのやり取りの状況で何か必要になった時に、次に何をすればいいか100%確信できる」

ミック・シューマッハー(ハース)
2020年F1アブダビテスト ミック・シューマッハー&小松礼雄エンジニアリングディレクター(ハース)