トヨタ・アイゴ次世代型、キャンバストップ装着のプロトタイプを発見

■コの字型LEDなど市販コンポーネントを装備し、最終デザインが露出

トヨタが欧州で販売する人気コンパクトカー、「アイゴ」次世代型プロトタイプを、カメラが初めて鮮明に捉えました。

トヨタ アイゴ_006
トヨタ アイゴ 次期型プロトタイプ

アイゴは2005年から「TPCA」(Toyota Peugeot Citroen Automobile)により発売されているAセグメント・ハッチバックで、プジョー「107」、およびシトロエン「C1」とは兄弟車となっています。

現行型は2014年から発売されており、これが7年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

トヨタ アイゴ_010
トヨタ アイゴ 次期型プロトタイプ

厳冬の北ヨーロッパで捉えたプロトタイプは、以前のテスト車両と異なり、市販型ボディパネルに最終コンポーネントを装備しています。

注目は現行型にも設定されたキャンバトップです。おそらく、ボタン一つでオープンコクピット体験を提供するオプションとなることが予想されます。

フロントエンドにはコの字型LEDターンシグナルを備える新しいヘッドライト、上下二分割されて現行型よりすっきりとしたグリルが確認できます。ボディライン全体ではフロントエンドが長く見えるほか、ルーフがアーチ型に設計されています。

リアエンドでは、テールゲートに隣接する垂直LEDテールライトを装着、バンパーのリフレクターは横から縦型に変更、さらに位置も上部へ移動されていることがわかります。

現行型パワートレインは、1.0リットル直列3気筒自然吸気エンジンを搭載していますが、次世代型ではガソリンエンジンに加え、新たに自己充電ハイブリッド、さらにEVの設定も噂されています。

アイゴ次世代型のワールドプレミアは、2022年初頭と予想、チェコの工場で生産予定です。

(APOLLO)